2008年05月21日

喜多方攻略メモ

(追記)
検索とかでここに来てしまった人は、写真がおいてあるので、こっちの記事へどうぞ!
http://vots.seesaa.net/article/102317349.html




松食堂
http://r.tabelog.com/fukushima/rstdtl/7000069/

↓となり

坂内食堂 朝
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/t019100n.htm

まこと食堂 朝
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003379183/M0007000277/

食堂なまえ ちょい狭い
http://www.ramenkai.com/shop/detail.php?id=47

食堂はせ川 日曜休み 行きづらそう
http://homepage3.nifty.com/i-iwasa/shokudouhasegawa.htm

---------

源来軒 元祖
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003378820/M0007000251/

さゆり食堂 スープ切れ注意 行列 昼推奨
http://r.tabelog.com/fukushima/rstdtl/7000063/

あべ食堂 シンプル 朝
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003380510/M0007001033/

喜一 比較的新顔で注目 朝
http://r.tabelog.com/fukushima/rstdtl/7000556/

posted by VOT at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

[ニコ動] やるなぁ





カオス! (構想芸術的な意味で)

よし、お前みたいなヤツは、焼肉食わせてやるから連絡をよこせ。
posted by VOT at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニコ動とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

「なぜアメリカ大統領は戦争をしたがるのか?」アスキー新書

ブラッと新宿のジュンク堂の新書コーナーに立ちよったら、たまたま見つけた本。特に評判を聞いたこともなく、本当に衝動買い。アメリカ大統領の権限や仕組みなんかについての本はそれこそ山ほど出ているので、この本が特別良いか悪いかもよく知りません。

半分ぐらい読んだけど、今のところ大統領の権限やこれまでの歴史的事件や選挙法なんかの解説ばかりで、表題になっている「戦争」についてはほとんど出てきません。こんなもんだわな、と思うものの、最近の新書のこういうタイトルの付け方がどうも鼻につくのは自分だけですかね? まぁ、吊られて買ってるくせに言えた義理じゃないんですけど。

大統領については、けっこう知らないことも多いので、なかなか興味深く読んでいるのですが、どうも一点どうしても理解できないことがあって、そのせいでこの本はどれだけ信用していいのかなぁ、という不安定感がどうしても抜けません。

細かいことなのかもしれないんだけど。アイオワ州で行われる党員集会に関する解説の一部。


これがまたまるで訳の分からない計算法で、各候補の獲得票数に基本各選挙区に割り振られた代議員数をかけて、今度は党員集会出席者の数で割るのだ。この計算法の意味を説明してくれ! 獲得票数を党員集会出席者総数で割って比率を出し、それに基本選挙区に割り振られた代議員数をかけるのが常識じゃないのかよ?

(P.67 第三章 イッツァ・ファン・ゲーム! 党員集会の不思議な仕組み)


何回読んでも、前者と後者は同じ計算なんだけど・・・それにしても、前者の方が整数演算時に誤差が少ないし、手で計算しやすいし・・・

これが引っかかってるせいで、急に読む速度が落ちて困ってるんだけど(笑) 俺、なんか間違えてる?
posted by VOT at 13:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

エコキャップ→葛藤→解決(?)

「あの〜、よかったら、こっちのフロアでもペットボトルのキャップを集めてもらえませんか?」
「ほぇ? 何の話?」

職場で面倒をみている女からそんな相談を受けたのが、二週間ほど前。てっきりペットボトルキャップを使って絵を描くとか、そんなわけのわからない趣味でも始めたのか思ったら、どうやら違うらしい。

「キャップをリサイクル業者に買ってもらって、それを寄付するっていう運動があって〜」

エコキャップという運動が最近ちょっと話題になっているらしい。簡単にまとめると、ペットボトルのキャップ800個を渡す行為が、途上国のポリオワクチン1本分の寄付をすることに相当する、というボランティアだ。

うちのフロアではペットボトル本体は分別しているが、キャップは不燃物として各種プラスチックと一緒くたに捨てている。とりあえずはこれを分別して捨てるようにするだけなので、それ自体には何の問題もない。

「ん〜‥‥まぁ、別にいいんだけど‥‥」

最終的には協力することに了承はしたものの、正直あまり気は進まなかった。その場で断らなかったのも、その頼んできたやつが普段から本当に心の優しい良いやつであり、そいつの良心からの行動に協力しないわけにはいかないと思っただけの話だ。

何が納得いかないのか。それは要するに、それは本当に目的と手段が一致しているのか? という点につきる。

そもそも今日本で言われている「エコ」という言葉全体に欺瞞を感じる。エコロジーが叫ばれ、数々の活動が行われるようになってもう十数年が経過し、技術革新によって電化製品単体の消費電力は徐々に減少を続け、職場でもISO14001 認可をとるなどの環境対策が進んでいるにもかかわらず、やはり日本の消費電量は増加する一方だ。

リサイクルもきな臭い。たとえば紙を回収して再生紙にするといっても、丈夫に作った紙をもう一度溶かして再生紙として成立させるには、最初から紙を作るより遙かに多くのエネルギー(燃料)が必要だ。人口的に作り出すことができる樹木という資源を少々節約するために、作り出すことのできない化石燃料などから作り出したエネルギーを何倍も使用するなんてのは理屈に合わない。

ペットボトルだって同様だ。ペットボトルを溶かして再度ペットボトルにする、または化学繊維として再利用するなんて技術もあるにはあるが、(現時点では)最初からペットボトルを作るよりエネルギーを浪費する。そもそも燃えるゴミとして出しているゴミも焼却が間に合わずに、燃やさずに埋めるしかないといった現状。紙もプラスチックも本当に環境のことを考えるのであれば、とにかく使用量を減らすしかない。しかし、これもやはり増加する一方だという話。

それでも、いつかちゃんとしたリサイクル技術が確立されたときに対応するためにも、ゴミを分別する習慣を浸透させておくこと自体には意義がある。自分がとりあえず不平は言わずにおとなしくゴミの分別に従っているのは、どうせゴミの総量は変わらないという点を考えれば、やらないよりはやったほうがいいだろう、という部分で納得しているからだ。(とはいえ、そのために本来1台走ればすむはずの収集車が2台走ることになっていたら・・とか考え出すとキリがないのだけれども)

話を戻すと、このエコキャップという運動にはもっとはっきりとした矛盾、悪くいうと欺瞞・偽善の匂いを感じてしまう。何故かというと、その運動の結果が一度「金額」という、ごまかしようのない「数字」に変換されてしまうからだ。その点が、たとえば海外に出て井戸を掘るとか、身近なところで山のゴミを拾うとか、その類のボランティアとは明確に違う。

どう言い繕っても、ペットボトル800個を集めてしかるべきところに送るという「労働」の対価が20円とされているという現実に変わりはない。仮に自分一人をエンジニアとして働かせたい場合にクライアントが支払う工数に換算すれば、ほんの数十秒ぶんにしか当たらない対価である。ごくぶっちゃけて言ってしまえば、そんなことに使っている労力と時間を他の経済活動にあてて、その対価を現金で寄付したほうが何百倍も効率がいいのは誰が見たって明らかだ。

もちろん、そういう問題じゃなくて気持ちであるとか、本来ゴミになるもので・・・という言い分は十分にわかっているつもりだ。しかし、やはり

提供して頂きましたキャップの数は944万個強になり、リサイクル事業者様に売却し236,060円が売却益となりました。


あえて「たかだか」という言葉を使わせてもらう。大の大人がよってたかって1000万個近いキャップを集め、汗を流し、運搬に化石燃料を消費して、得た寄付金がたかだか 236,060円か。これに金額以上の価値を見出そうとするのはただの偽善だ。

本当に世界の子供たちにワクチンを届けたいと思っているのなら、残念ながら、この方法はあまりにも非効率だと言わざるを得ない。その現実から目を背ける限り、所詮は金持ちの戯言であり自己満足であり、盲目的に自分の行動を正義と信じるのであれば、その姿は醜悪だ。

とはいえ。

とはいえ、現在ただ捨てているものが少しでも人の役にたつ可能性があれば・・・という気持ちもあり。費用対効果の話も、仕事中の自分で換算するからおかしくなるのであって、自分がボ〜ッとしている時間をちょっとまわしているだけと考えれば・・・という考え方もでき。

ニヒリストを気取って多くの人々の善意を頭ごなしに否定するほど立派な人間でもない。そんな人たちに対して「お前のしていることは無駄の塊で、ただの自己満足で偽善だ」と嘲笑するような真似はできない。

うちのオフィス担当の清掃業者の人に、こういうことをすることになったのでこれは回収しないでくださいということを伝えたら

「いいことだね〜。がんばってね!」

とたいそう感激され、複雑な気分で笑うしかなかった。やっぱり「善行」だと思うよな。でも、本当にそうか?

一日数十個程度ぽちぽちと溜まっていくキャップを眺めながら、そんなことを悶々と考えていた。

なんとか、せめて自分がしていることだけでも正当化して納得する方法がないか。で、考えに考えて、ようやく一つの結論に至った。

「現金の寄付をして、このキャップ集めはそのついでにやっていることにしよう」

世界の子どもにワクチンを 日本委員会のサイトを見てみたところ、今時は便利っつーかなんつーか、クレジットカード引き落としで寄付ができるらしい。これは基本的に日本人という世界最高レベルの人件費を一切消費しない分、街頭募金なんかより遙かに効率的だ。僅少ではあるが、これで月2000円ずつ寄付がされるように登録することにした。

これにより、途上国の子供たちにワクチンを送りたいという自分の気持ちが実行力を持つことになり、言い換えれば自分がそういう気持ちを持っていることの証明になる。

キャップを集めるという行為は現金の寄付に対する+αであると捉える。仮にこの行為により発生する非効率さ、または環境負荷を考慮に入れたとしても、月あたま2000円に相当するということはないだろうから、ただ俺個人のやり方が平均的に多少非効率になるだけで、善意が返って害になる→偽善であるということにもならない。

なんとなく自分を詭弁で煙に巻いているような不思議な感じは残るが、とりあえずこれで納得することにしたので万事解決(?)

めでたしめでたし。



ん? 面倒くさいやつだって? 俺もそう思うよ。
posted by VOT at 19:25| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

たとえば / 小田和正×さだまさし



んー、まっすぐでとてもいい歌。カラオケで盛り上がっている場をメタクタにするのに最適!

でも、テレビで一度っきり放送されただけ(再放送除く)の曲でCD化も無さそうなので、カラオケには入らないよなぁ。

と、思ったけど、どうしても歌いたかったので、休み利用して頑張ってコード拾ってみた。雨だし。ピアノのシンプルなバッキングを拾っていけばいいので比較的簡単なはずなんだけど、最終的にこれでいいやというところに収まるまで5時間かかったのは秘密だ。まぁ、一曲まるごとは初めてなので勘弁してほしいところ。

一部面倒なのでスルーしたコードもあるので、本物とセッションすると音が足りないことを気づかれます。注意。7thとか脚色は超適当。正直なくても平気。

一応Aメジャースケール内で収めた(Cメロ除く)ので、それなりに雰囲気は出てるけど、これは違うだろうというところがあったら教えてください。納得したら直します。

しかし頑張って拾ってみたはいいけど、セーハが多くて自分じゃアルペジオはきつい・・・残念。ストロークでごまかしてなんとか・・・。capo2(G)にするとすごい楽なんだけど。Cメロ無視すれば。

もう一曲コードが知りたい曲があるので今から頑張ります・・




たとえば / 小田和正×さだまさし

Key=A

[Intro]
A C#m | D | A C#m7 | D


  A C#m7 D D E F#m
話したいことが幾つもある あの頃の僕に会えたら
D E C#m D Bm E
たとえば 迷いながら選んだ道の 辿り着く場所について
  A C#m7 D D E F#m
伝えたいことは他にもある あの頃の僕に会えたら
D E C#m D Bm E
たとえば 信じていたことの正しさと その過ちについて
  A C#m7 D D E F#m
それから不安を胸に映し 怯えたあの夜の闇も
D E C#m D F#m E D Esus4 A
たとえば ありもしない夢に 紛れて逃げたことも

A E F#m C#m
あの頃の 僕に告げたいのは
D E A F#m Bm E7
ひたすら そこから ひたすら 歩き続けること

A E F#m E6
あの頃の歩幅でいいから
D C#7 F#m Bm E7 A
ひたすら ただ ひたすら 生きてゆくこと


A C#m7 | D | A C#m | D


尋ねたいことが幾つもある 未来の僕に会えたら
たとえば 傷ついたり愛された この命の重さや
尋ねたいことは他にもある 精一杯生きたかどうか
たとえば 奇跡的にめぐり会えた 愛しい人のことを

ここからの僕に言えることも
ひたすら このまま ひたすら 歩き続けること
今のままの歩幅でいいから
ひたすら ただ ひたすら 生きてゆくこと

F7 Em Dm G C
ひとつだけ言えることは 全ては今日のために
F G C Am Bm E7
たいせつなことはひとつだけ 全ては今日のために


  A E D F#m E/Bb A
話したいことが幾つもある あの頃の僕に会えたら
話したいことが幾つもある 未来の僕に会えたら
posted by VOT at 14:54| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 音とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいま(笑

恥ずかしながら、還ってまいりました。うそ。別に恥ずかしくはない。

日記その他、適当な駄文の垂れ流し先を再びブログに移すことにしました。理由はいろいろ。まぁ、大きなところで、mixiだと検索エンジンに引っかからないので、それなりに意味のあることを書いて公開しようという気がまるっきりなくなってしまうことが一つ。

あとやっぱり、mixi日記のインタフェース、さらにデザインのセンスがあまりにもないこと・・・見た目がちょこっと変えられる程度で、基本的にはダサいよね、あれ。HTML埋められないから、レイアウトにも限界があるし。

とはいえ、そもそもmixiですら停滞していた文章書き、どの程度やる気になるかはわかりませんが、さすがに数ヶ月ぐらいは続くと思うので、それなりにネタっぽいことも書きますかね。よろしく。つっても、この文章自体、見るのはマイミクさんたちぐらいだろうけど、今んとこ。

ま、今日のところはご挨拶ということで。
posted by VOT at 00:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。