2009年09月04日

休職になりそうです その2 はあっちで。

あれ、書くブログ間違えた(笑
posted by VOT at 22:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休職になりそうです その1

個人的にも避けたかったんですが、ついに折れました。


今年から移動になった職場が嫌で仕方がないというのは、公私の場問わずに漏らし続けておりましたが、じゃあ何が嫌なのか、というのを説明するのは少々手間がかかります。まぁ、普通は嫌になる職場なんですけどね。私が移動になってから半年ちょいで、同じように折れて3人辞めてますし(笑) ひどい確率です。

作業は多いし、クライアントは話が通じないし、職場はド田舎で息抜きもできないし、頭がおかしくなるのも止むを得ない状況ではありますが、仕事がつらいだけなら正直こっちも慣れてます。他人のミスをひっかぶって三日や四日泊り込みなんてのも珍しくありません。で、私の場合は過去にもろくな仕事をやっていなかったこともあって、その手のことには強いのです。正直、ぜんぜん平気。それはそれで楽しい点を見つけたりもできますしね。

そういう意味のつらさであればいいんです。それはやり切れば「やりがい」とか「達成感」とか言えるものが付いてくるから。たとえそれが自己満足でも。

じゃあ、それもなかったとしたら?

で、ここに簡単にその理由とか書こうとしたんですけど、何度書き直してもながったらしくなるので省略します。一言でまとめると、馬鹿の無茶振りと逆切れがひどすぎる、ということです。発注元がね。ホントにひどい。しかも自分の馬鹿さ加減を自覚してないから、自分の要求にちゃんと答えないこっちが悪いと思ってる。

職場での私の語録をいくつか。

「この、まとめると『ちゃんとやれ』としか書いてないのが、もしかしたら作業指示ってことになってるんですか」
「通り道にわざわざ地雷原選んでおいて、踏んだら踏むほうが悪いって言ってるようなもんですね。必要ありますか、それ」
「これがコンピュータを使って人様の生活を便利してしてさしあげようっていう仕事をしている人のやることですか?」

作業がつらくても、それが「いいものを作ろう」「少しずつでも改善していこう」という点につながっているのであればいいんです。ただ目先のことをなんとかするために場当たり的なゴマカシの作業に終始し、状況をどんどん悪化させて自らの首を真綿で絞めるような毎日の繰り返しにウンザリしたんです。

開発ならまだしも、製品の質があまりにも悪いと、保守でもデスマーチ化できるってことを初めて知りました。ある意味貴重な体験でした。

なんだかんだで愚痴が長くなったので、つづく。
posted by VOT at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。