2010年01月11日

寝つきは改善しているのだが

9月からだから、かれこれ5ヶ月ぐらい飲み続けている睡眠薬を徐々に減らしていこうと、最近翌日が休みや遅めの出勤でいい場合で、ちゃんと眠気が来ているときは飲まずに寝るようにしてます。まぁ、寝られないときは、眠いのに寝られないというなんだかよくわからない状態になるので、そしたらさっさと諦めてクスリに頼るんですが。

ここのところ、慢性的に微妙な寝不足状態なのもあって、昨夜も普通に眠かったので、1時ごろに普通に寝入ることは成功。

しかし、どうも眠りが極端に浅いようで、深夜に二時間おき位に目が覚める。しかも、たいてい悪夢を見ていた認識がある状態で起きるので、気分的には最悪。

余談ですが、私が見る夢というのは、九割九分悪夢です。ガキのころからずっと。高校の時に友人にこの話をしたら、そいつの見る夢は楽しい夢ばかりで、夢の中ではたいていスーパーマンだという呑気な話を聞かされてぶっとばしてやろうかと思いました。

んで、二回目起きたあと(5時ごろ)からは半覚醒状態のまま、寝ては悪夢を見て5分後に起きる(半分寝ているので夢が連続してたりする)ということを多分20回ぐらい繰り返してしまい、気がついたら起きる時間だったものの、時間的には十分寝てるのに余計疲れた気分でクタクタです。クスリ飲まないとたいていこんな感じなんですよね。

今私が飲んでいる薬はマイスリーという、調べた範囲では入眠補助用の超短時間の効果しかないクスリのはずなんですが、明け方の睡眠まで変わってくるもんなんですかね。

そろそろ無くなってしまうので、追加もらいに医者行かないとダメかな。しばらくは行かなくて済むと思ってたんだけど。

posted by VOT at 10:19| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登山靴、把握した

今日は仕事だったんですが、私服で出社したので、昨日買った登山靴を一日履いて過ごしてみました。

座り仕事ではあるのものの、出勤したりトイレ行ったりしている間に、だいぶ登山靴のことがわかってきたような気がします。買う前にも登山靴にどういうメリットがあるのか簡単に調べてはみたんですが、その時よくわからなかったことが一日履いてみただけで理解できたような。実践って大事ですね。

というわけで、別に興味のある人もいないでしょうが、今日気づいたことメモ。


登山靴やトレッキングシューズというものを、今までは漠然と「値段が高い分、なんだか歩きやすいように作ってある靴」ぐらいの感覚でとらえていたのですが、全然違いました。むしろ、通常の生活の範囲では、スニーカーや柔らかい革靴の方が、圧倒的にいいです。

登山靴がその特徴を長所として発揮するためには、「荒れた坂道をやたらと長時間歩く」という限定された条件が必要なようです。

昨日登山靴を試着させてもらったとき、店員さんに履かせていただいたんですが、そのときやたらめたらと靴紐をきつく締められてたいそう驚きました。普段の私はハッシュパピーの革靴やナイキのスニーカーみたいな柔らかくて軽い靴をゆるく履いていたので、こんなに締め付けたら足がうっ血してしまうのではないかと思ったぐらい。

買う前に調べた情報からも、登山靴は足の幅や厚みも重要で自分の足にフィットしたものを探さなければならない、ということはわかっていたのですが、その時は「そんなの普通の靴でも同じじゃね?」と考えていました。しかし、これはものすごい勘違いなのですね。

下り坂を考えるとわかりやすいです。例えばスニーカーを緩く履いていたとして、下り坂を降りているとき、どこの体重がかかっているかというと、それは足の指先に集中してしまいます。角度にもよりますけど、要はずっとつま先だちをしているのと大差ない状態で数時間歩くわけです。合わない靴で登山をして、足の爪がうっ血して取れてしまったというような話も聞きますが、そりゃそうでしょう。

登山靴をしっかり履いた場合、足全体が固定されるため、下り坂でも体重は足の指先だけではなく、足の指の付け根の膨らんでいる部分や足の甲や足首にある程度分散されます。これが坂道で足の負担を減らしてくれる鍵のようです。その理屈であれば、靴のサイズだけでなく、全ての要素が重要なのも当たり前。

靴紐がゆるかったり、しっかり締めていても足の幅が広すぎて左右に揺れるような状態である場合、山の道は平坦ではないので、歩いている最中に体重が左にかかったり右にかかったりするわけです。それはつまり、足が靴の中で暴れて靴の中を蹴っ飛ばしつづけているような状態です。これがまた体重の一点集中や支点での靴擦れを誘発して、足へのダメージになるところを、しっかり固定することで防止する。かつ、万が一踏み外したりしたときに足首をひねったりする事故も防いでいる。なるほど。

平地を短時間歩くのであれば、むしろ足首が固定されている分歩き辛いし、ほとんど走れませんし、座っているときにも足の角度が限定されるのでくつろげないし、不便極まりない靴ですが、確かに山道を歩く上では合理的な代物でした。後は足と靴を馴染ませるというよりも、靴擦れ防止のために負担のかかる部分を鍛える方が先決のようで、そうなると平地を歩いてちゃダメですね。階段でもダメなので、やっぱり坂道を歩くしか仕方ないということになりそうです。

形は似ていても、足首まで包む形のスニーカーやブーツはまるで別物。他の靴で一番履き心地が近いのは、スキーのときに使うガッチガチのブーツです。足首をまっすぐにして踏みしめるうに歩かないと仕方ないので、普通にしてるだけでも疲れます。間違ってもファッション目的で買うのは、避けた方がいいですね。マジしんどいです。

うーん、明日はいつもの靴ですごそう。
posted by VOT at 00:01| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。