2009年02月07日

「百年に一度の不況」のうさんくささ

最近特に気になっていることを一つ。

「無利子国債」急浮上 自民内で検討の動き

 利子が付かない代わりに相続税負担を軽減する「無利子国債」の発行を検討する動きが自民党内で広がってきた。内閣支持率の低迷が続くなか、次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)の「目玉」づくりの思惑がある。ただ、具体化は簡単ではない。

 「100年に1度の世界同時不況には、100年に1度の対策が必要だ」。自民党の菅義偉選挙対策副委員長は6日、政府紙幣と無利子国債の発行を検討する議員連盟の設立準備会でこう意気込んだ。議連は3月末までにメリットや問題点を詰め、麻生太郎首相に提言する。 (09:20)


「百年に一度の不況」という言葉を最近よく耳にする。うちの会社の幹部クラスも、何かのおりにつけ「今は百年に一度の不況と言われておりまして‥‥」と言いながら暗い顔をしている。

この四半期や、来る年度が全国の企業にとって非常に厳しいものになるであろうことに疑う余地はない。ただ、このやたら出てくる「百年に一度の不況」という言葉に、ある種のうさんくささを感じているのは俺だけなんだろうか?

相場なんてものを張っているので、経済関係のニュースには多少敏感だ。この言葉、誰が最初に言ったのかは忘れてしまったし、今となってはそれもあまり意味がないと思うのでいちいち調べないが、初めてニュースで見たときの表現は「百年に一度の異常事態」だった。原語は欧米のどこかからの翻訳だろうが、「異常事態」と「不況」を誤訳するヤツはいないだろう。

私が認識している限り、最初に「異常」と表現されたのは「景気の悪さ」ではない。異常だったのは、あまりにも急激なリスクポジションの解消(たとえば株価の下落)や各経済指標の悪化、つまりリセッションが進行する「速度」が異常と表現されていたはずだ。(ちなみにリセッションとは変化や局面を刺すのであって、ある時点での景気の度合いとしての「不況」の意味を含む日本での使われ方は正確ではないと思う。海外の要人発言なんかを見るときは、ちょっと注意が必要)

それがいつの間にかすり変わって「百年に一回の不況」という表現で使われることが多くなった。今の状態は非常に厳しい、不況であろうとは思うが、それを表現するのにこの言葉が使われていると、途端にうさんくささが鼻につくようになる。

「百年に一度」と言いたいのであれば、まず最初にこの百年に何があったか考えてみるべきだと思う。世界大恐慌は1930年代、石油危機は1970年代、取り付け騒ぎも生活物資の不足も発生せず、「ガソリンが安くなったねー」とか喜んでいる奴らもいる今の状況が、これらの不況を超えているとは自分にはどうしても思えない。少なくとも「百年」という言葉に数値的な根拠はないようだ。

「百年に一度」という表現は「一生に一度」「近代経済にとって初めて」というニュアンスを内包している。存外に重い表現であり、百年という言葉の重さも考えず、ただ非常にまれな不況であると言いたいだけで使うべき表現ではない。ましてやそれが「みんなが言ってるから」なんて無責任な理由で、さしたる考えもなく使われているのであれば、発言者は言葉に対する鈍感さを問われても仕方ない。

この言葉はすでに本来の意図を超えたところで一人歩きしている。かつての「ダイオキシン」「環境ホルモン」などと同様に、一部の人間のエゴに正当性を持たせるための便利な方便として使われ始めている。一部の企業に金をばら撒きたいヤツ、あまり使えない従業員を整理したいヤツ、社員に過酷な残業を押し付けたいヤツ。

このニュースのように常識外れの策を打ちたいというときや、他人に対して多大な痛みを押し付けようとするときに、こんないい加減な言葉による恫喝で人を納得させようとするのは無責任すぎる。言われる側もそれでなんとなく納得していてはいけない。経済的な話であれば、現在の状況も今後の予測も、正確さに差はあってももっと具体的な数値で表すことが必ずできる。ただごねるだけでも醜悪だが、ちゃんとした説明を求めていくのは正しい姿だと思う。

これから新年度を迎えるにあたり、こういう極端な事態が発生すると、それを利用して普通はできないような自分のエゴを通そうと、舌なめずりをしている奴らが山ほどいるということ、これだけは頭の片隅に入れておくべきだと思う。騙されるなよ!

posted by VOT at 11:20| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ただ下方修正の連続で、製造・流通・人材などなど、企業の規模関係なくそれなりのポジションの人が「今回はまずい」と言っております。

世界大恐慌の1930年代、石油危機の1970年代をご存知なのでしょうか?

70年代の当時ベテラン勢は引退か役員クラスなので、そのあたりからも話を聞ければとか思ったりもしておりますが。
Posted by 木星人 at 2009年02月11日 16:26
はは。笑える。
何がおきてるのか、何も分かってないですね。

コレは紛れも無く百年に一度ですよ・・・。

まあ、年度末の決算を良く見てなさい。

はぁ、相場を張ってるような方でこのレベルですか・・。
日本はダメだなこりゃ・・・。
Posted by at 2009年03月09日 06:28
何が起きてるのかを説明できずメディアの情報を鵜呑みにして、コレという代名詞一つで片づけてるレベルの匿名希望さんよりは遥かにマシに思えますがねw
Posted by at 2011年01月14日 05:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113829387

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。