2009年09月01日

裁判員制度はホントに意味がわからん

青森地裁、初の性犯罪審理 きょう裁判員選任

http://www.kahoku.co.jp/news/2009/09/20090901t23026.htm

面倒くさいから、一言だけ。

やっぱり日記などで「こんな重大な犯罪になると裁判員の人たちの判断も難しいだろう」とかいってる人がいるわけだが、知らなかったら覚えとけ。

裁判員が扱う事件は、殺人・強盗・強姦といった悪質な事件ばっかりだ。

● 裁判員制度ではどんな事件の裁判をするのですか。


早く裁判員制度が司法に予算を割くためのとんでもない茶番で無駄の塊っていう認識が世間に浸透してくれないものだろうか。上にリンクしてるFAQ読むだけでも、だいぶ分かると思うんだがな。

民主党がもしも、裁判員制度と郵政の郵便事業民営化を撤回してくれたら参議院選では投票してやる。まぁ、できんだろうがな。
posted by VOT at 12:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126967665

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。