2009年12月18日

そして復職後の現実

そんな私の思惑など完全に吹き飛び、まさに今私がどこでこのエントリーを入力しているかというと、残業あがりの電車の中だったりします。しかも急いで飛び込んだら反対方向でやんの。家着くの何時だよ。


いや〜しかし、神様はどうにも意地が悪いようで、あまり詳しくは書けませんが、私のリハビリ出社も終わりが見えたあたりに、急に降ってきた案件がありまして。

このご時世のこの時期に急いで人をくれ、なんて言い出すプロジェクトなんて、考えるまでも無くデスマーチに決まってます。

本来完全な即戦力の約一名しか用がなかったんじゃないかと思うのですが、どうやら鉄火場だけは売るほどあったようで、ちょっと話をしたらいつの間にか私も行くことになっていました。こんなことなら面接でアホの振りしてればよかった。

一応うちの会社としては、無理なら断ると言ってはいましたが、私がダメなら別の奴が行けるという話でもありませんでしたので‥‥行くしかなさそうだなぁと。

まあ、前の職場で折れたのもあまりに馬鹿馬鹿しい現場の回され方に、俺の寿命がストレスでマッハだったわけであり、忙しいこと自体は嫌いではありません。職業病なんでしょうか。

そんなわけで、受けてしまったとさ。

で、数日行ってみた感想。


逃げたーい(笑)


いや、でも前の現場を投げた後悔の記憶が生々しいので、なんとか最後まで付き合うつもりですけどね。

今回の私のテーマはスルー力。作業が進まなかろうが責任感など一切感じることなく、淡々と刑期が明けるのを待ちたいと思います。

使えないと思われてもいいや、この際。どだい無理な話ばかりだし、責任は正社員がとりなさいよ。先はまだちょっと長いのに、既に皆さん死にそうになってますが、知らんよ。知らん人ばっかりだし。

春には解放される予定です。万が一延長を打診されても知らん。

誰か私を癒やしてくれ〜。
posted by VOT at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。