2006年05月31日

で、うちのチャリなんだけど

内容は下のエントリの続きなので、下から見てね。

ここはチャリの選んだときの話ね。

自転車選びはパソコン選びと似てます。まずは目的を明確にすることと、相場を知ること。知識が足りない場合は、選択肢の範囲とそのポイントを知ることから。

余談だけど、実は趣味として接した場合の自転車とパソコンも似てる。体を動かすかどうかという大きな違いはあるけど。これについて書くと長くなるので今回は割愛。

私の場合の目的はまず一つ、通勤に使うってこと。自宅から今の職場までは直線距離で6km弱。道のりでいっても10km弱と、自転車で往復するには最適な距離なのです。自然に毎日乗れるし満員電車に乗らずに済むし、若干の金の節約にもなるし。雨が降ったら電車で行けばいいし。かかる時間はちょうど同じぐらいなので、遅刻の心配もありません。(遅刻なんか今はまるできにしてないけど)

ところで、ママチャリしか乗ったことない人だと、自転車で一日に何十Kmも走り回るなんて体力のあり余ってる学生かアスリートでもなきゃ無理とか思うかもしれないですね。けど、ちゃんとした自転車を使えば全然なんてこともない距離なのよ、マジで。最初は筋肉痛になるかもしれないけど、一日40〜50kmぐらいなら、すぐになんともないようになります。

そんな感じでとりあえず本屋に行ってカタログを見たり、インターネットで情報を入れたりしてみると、どうやら私の望んでいるものは「クロスバイク」と呼ばれているものらしいということが分かりました。

私が何を考えていたかっていうと、最初はマウンテンバイクにしようと思ってたんですよ。都心を走る以上多かれ少なかれ歩道を走らざるを得ないし、そもそも私は一般の自動車ドライバーをまったく信用してないので、逆に車道を走るのは大丈夫だと判断したときだけにしたかったので。歩道への乗り上げとか、ガタガタになってる舗装を考えると、サスペンションの付いてるマウンテンバイクがいいんじゃねぇかな、というのが調べる前の判断。

あ、ちなみに自転車ってのは車両なんで、本当は車道しか走っちゃダメなのよ。特例として許された歩道のみ走っていいだけで。(特例が多すぎるんだけどね。特に都内)別に本を読むまでもなく、自動車免許の学科で習ったし、テレビなんかでも見かける常識の一つかと思ってたんだけど、意外と知らない人もいるので一応。

他に大きく種類で分けると、ママチャリ(シティサイクル)はもちろん無視。

で、もう一つはあのツール・ド・フランスなんかで見るような、ドロップハンドルの走る気満々のヤツね。ロードレーサーっての。これも検討するまでもなく、とりあえず除外。荒れた地面には向かないことは知ってたし、そもそも、その走る気満々さ加減が自分のまったり指向に向かない。少なくとも最初はそんなものでガンガン走る体力もないしね。車道を主戦場にする以上、俺の価値観では遅いロードは迷惑じゃ。

調べる前はこれぐらい考えてました。多分並か、ちょっと知らないぐらいなんじゃないかな。


でも、これがねぇ、調べてみると最近はマウンテンバイクでもなく、ロードでもない、便利なものができてるらしいんですよ、奥さん。これがね、「クロスバイク」とか「コンフォート」とか呼ばれてて、「街乗りに最適」って言われてるんだって。

マウンテンバイクで街乗りする欠点は、未舗装道をガンガン走るための太くてゴツいタイヤ。これが高速走行には向いてない。つまり、デコボコとはいえ一応舗装路や山道比べればに格段に整備された土の道にとっては、マウンテンバイクはやりすぎってこと。そもそもタイヤも自転車本体も重いし、路面との摩擦で前進する慣性が勝手に失われるので、無駄に疲れる。

クロスはそのマウンテンバイクとロードのいいところをつまみ食いして、中間ぐらいの性能を持ってると街で使いやすいんじゃないの? というコンセプトで作られていて、そこそこの高速性、そこそこの走破力、そこそこのお値段。どんなパーツをどうしたらそうなるのかは長くなるので興味があったら別に調べてもらうとして、とにかくまさに私のような用途向けの作られているもので、他にもスポーツ自転車の初心者が自分の好みの傾向を知る基準としての入門用としても最適だとか。なるほど。というわけで有名メーカーのクロスの中から評判の良い物を探して、最終的に行き着いたのがこいつでした。

GIANT CROSS 3200
cs3200_slv_l.jpg

同じ GIANT の ESCAPE と悩んだんですが、都心の通勤に使うのならサスと泥よけはあった方がいいかな〜ということで CROSS シリーズを選択。本当は 3400 のつもりだったんですが、自宅から近い GIANT の販売店を見に行ったら、たまたま 3200 の実車が即納だったので、その場で衝動買いしてしまいました。結構どっちでもよかったってのもあって。

今現在、こいつは通勤やちょっと出かけるときのゲタ代わりとして使ってます。今のところ至極満足。たかだか4万円程度のちょっといいシティサイクルより安いぐらいの値段なのに、すごくよく走ってくれます。

ただまぁ、これで偉そうにスポーツ車に乗ってますみたいな顔をしてたら、その筋の人に鼻で笑われますね、間違いなく。卑屈になることはないですけど、自慢するほどのもんでもない。CSはスポーツ車なのかっていう疑問は、ユーザー自身が一番感じるものみたいです、他のサイトとか見てると。

いや、でも、値段が値段なんでそんなに期待してなかったんだけど、コストパフォーマンスはすごく良いです、これ。


CS3200 を買ったのが、5月の頭ぐらいだったかな。ゴールデンウィーク直後。で、その一週間後、何故かもう一台新しい自転車を買ってしまいました。それが、こちら。

DAHON Speed P8
p01.jpg

いや、あのね、折りたたみ自転車が欲しかったんですよ。

もともと読んでた本の影響で自転車を買う気になったわけで、当然そういう本の中でやってるような自転車旅行や遠出のサイクリングなんかもやりたいわけじゃないですか。

そうなると自転車を車や電車に積んでの移動(「輪行」と言います)とかもやりたい。本格的にやってる人たちは、ロードやロードよりのクロスなんかを分解して袋に入れて電車に乗せたりするんですが、CS3200 は街乗り用に最適だろうと考えて選んだので、あんまりそういう使い方には向いてないし、する自転車じゃないんですね。別にやったっていいし、やろうと思えば簡単にできるんですけど。ちょっと重いぐらいで。

だったら、それ用に折りたたみ自転車が一台あってもいいかな〜と思ってカタログとか見ているうちに我慢が利かなくなり、気が付いたら買ってしまっていました。これももう、7万円ぐらいだし、迷うなら買ってみちゃった方が早いかと思いまして。

今のところ、輪行という本来の目的より、休日や夜に近所をポタるときに重宝してます。ちょっと踏めば 20km/h なんて簡単にでるので多少の遠出も問題なし。低いギアでちんたら走ってるのは超楽チン。ついでに言うと、普段の保管場所は車の中です。部屋に置けるようにするには、片づける予定ですが、いつになるやら。


はい、今私が使ってる自転車は以上の2台なんですが、実は一応もう一台、数年前に買ったものがあったりします。

HandyBike8
product_ov.jpg

これはもう、完全に衝動買いです。舗装路なら結構良い感じに走りますが、実は私の体重だと制限をオーバーしているのでかなりヒヤヒヤ。鍵をかけててもワイヤーで地球ロックしてなきゃ簡単に持って行かれる大きさだし、ちょっとした段差も乗り越えられないし、初期装備だとサドルが小さくてすぐにケツが痛くなるし、実用にはまったく役に立ちません。遊び道具でしたね、はっきり言って。

しかも、最近暗いところで組み立てようとして、動きの悪いクイックレバーに思いっきり体重をかけたら見事にブチ折れ、戦闘不能状態にしてしまいました。今のままだと、ただのオブジェです。邪魔〜。直してやりたいけど、ちょっと特殊な部分をぶっ壊してしまったので、パーツが無いんだよなぁ・・


ただ自転車を紹介したかっただけなのに長くなったな〜。そんな感じでですね、この辺りのチャリで遊んだこととか記録していく予定です。飽きなければ。

posted by VOT at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18741214

この記事へのトラックバック


Excerpt: ・この日のマウンテンバイクの勉強の進度・この日のマウンテンバイクの学習の進み具合・この日のマウンテンバイクの勉強の進み具合・なんだかさまざまなことがありました・なんだかいろんなことがおきました・相棒は..
Weblog: マウンテンバイクの極意
Tracked: 2007-08-16 06:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。