2006年06月13日

車道走るなら左側通行でよろしく

まず根本的に、自転車は車道を走らなければならない(歩道を走っていい区間の方が特例)だってことを知らない人が山ほどいることにウンザリなんですが、実際それより町中で危険を感じるのが、車道を右側通行で逆走してくる自転車。ホントに危ないです、マジ勘弁してください。

マナーの問題をウンヌン言っているのではなく、ルールの問題です。

それでもまだ遠くの方から走ってくるのが見えるのであれば、さっさと歩道に避難するなどの「触らぬ神に祟り無し」方式で回避することもできますが、見通しのよろしくないカーブや交差点の向こうから急に現れられてしまうと、回避もへったくれもありません。

恐ろしいのは、逆送をしている自転車に乗ってる人を観察すると、自分が間違った危険行為をしている自覚がまっっったくなさそうなことがほとんどであることです。普通の顔して「何か?」と言わんばかりの人がホントに多い。これが小学生とか法律にまったく興味のなさそうなオバちゃんとかならまだわかりますが、お前は普通免許ぐらい持ってるだろうという感じのオッさんでもいるのが本当に不思議。

今朝、車がバンバン通ってる青梅街道で、反対車線を結構なスピード(自分と同じぐらいだったから 35km/h ぐらい)で車の流れに逆らって走ってるシティサイクルを見かけて、頭がおかしいんじゃないかと思いました。普通に考えたって恐いだろう、あんなもん。自分が自動車側だったとしてもギョッとするよ。

とりあえず難しいことは要求しないので、せめて歩道と車道が分かれている規模の道路で車道を自転車で通行する場合は左側通行を厳守してください。ルールです。法律で決まってます。そして、現実問題、自転車の違反行為の中でダントツ危険です。


一日一回ぐらいはすれ違う自転車に「逆走すんな!」って怒鳴ってるんだけど、多分それも何を怒ってるのか通じてないと思うんだよなぁ。
posted by VOT at 14:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。