2006年11月08日

四国屋@鍋屋横丁

SA340138.JPG中野から中野通りを南へ南へ。青梅街道を越えて更に南に行ったところにあるうどん屋さん。四国屋はまだ東京に讃岐うどんブームが来るずっと前から営業を続けているベテランさんです。

うどんは太くてゴツくて柔らかい本格派の讃岐。出汁はもちろんいりこ出汁。ちょっと前まで冷やし系うどんは関東風の出汁だったんですが、最近は讃岐風も選べるようになりました。ちなみに写真はもっともシンプルなすうどんです。

メニューはバラエティに富み、どれも美味しいです。個人的に特にオススメなのは、鍋焼きうどん。2000円と少々値は張りますが、内容は鍋焼きうどんというより、一人前のうどんすきといった方が正確なので割高感はありません。ネギもたっぷり食べられて体の芯から暖まります。寒くなったら一度は食べないと。

日曜はお休みですが、通常0時すぎぐらいまでは開いているのもうれしいです。あと、うどん屋さんには珍しく替え玉なんかもあったりします。特大のいなり寿司も旨いですよー。うどんができる間につまんでみてはいかが。

ああ、思い出したら腹が減ってきた。
posted by VOT at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。