2006年12月24日

M-1 2006 雑感

あー、面白かった。

特に私なりのするどい観点とか何もないので何を書いたところで意味ないんですが、一応いろいろ考えたことでもメモがてら書いておきます。

後から書いても意味無いでしょうが、事前の予想が本命チュート、対抗フット&麒麟、でほとんど予想通りでした。つーか、決勝のメンバーを見た時点で、上位4組の椅子の奪い合いだろうな、と思ってましたし。

「その日一番面白かった奴」と言われているものの、結局審査してる人たちが、細かいテクニックとか採点しちゃってますからね。そうなると、今回の上位4組に絞られざるを得ないっつーか。トータルテンボスが思ったより面白かったのが予想外でしたが、最近お笑い番組とかロクに見てないので、単なる不勉強なんでしょうか。

終わってみれば、チュート、フットの進出は満場一致。問題は3位争いですが、面白いもんでそこだけに注目して多数決で決定したら、4人に支持されてる笑い飯の方が上なんですね。笑い飯を高くつけた人がほとんど1点差だったことが得失点差につながっただけで。

採点の中で意外だったのは、松本のプラン9と変ホ長調への評価。この下位組だけで10点の大きな差をつけてるところ。何がそこまでの差になったのかがかなり興味深いです。是非聞いてみたいですが、無理ですかねぇ。ラジオで話したりするかなぁ。

ちょっと思ったのが、今回松本の採点と全体の評価に結構な差があります。一番的を射ていない審査員が松本と言ってもいいぐらい。採点する気がなさそうな大竹まとこを除いて。

結局のところ、松本は松本のフィルターを通して、自分の想像力の補正を受けた漫才を見ているのかな、と。プラン9も変ホ長調も、ネタが結構直接的でわかりやすく、そういうツボを刺激する部分が皆無と言っていい内容でした。その割には漫才のデキとしては、そこそこというか素人離れというか、というレベル。そこら辺りがあまり気に入らなかったのかな、と。

なんにせよ、お笑いという表現に対してまじめに努力を重ねて、勝ち上がっていった方々に対して、敬意を表したいですね。格好いいよ、うん。
posted by VOT at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30207291

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。