2008年06月04日

タスポ吊り下げ − 法律はあるだろぅ

http://mainichi.jp/photo/news/20080604k0000m040158000c.html

福岡県広川町の自営業者が、未成年者の喫煙防止策で導入されたたばこ自動販売機用成人識別ICカード「タスポ」を自販機に備え付け、自由にたばこが買えるようにしていることが分かった。
(snip)
 この業者は、毎日新聞の取材に「たばこを買うかどうかは親の責任では。規制する法律ができない限り、カードを撤去するつもりはない」と話している。


えーっと。「悪法も法なり」という観点で考えるとして。

法律って何? 刑法のこと言ってる? 未成年者喫煙禁止法の販売者による年齢確認の義務(努力義務だけど、ケースによっては五十万円以下の罰金)については、どうお考えなんでしょうかね。

法律ではないですがタスポの規約では、他人に対する貸与・譲渡は当然禁止されているので、タスポ側はこの人のカードを予告なく無効にすることができ、破棄を要請することができるみたいですね。そういう契約ですからね。この人がそれに従わないのも、まぁ、自由ですが、その場合は民事訴訟法やら行政訴訟法やらに従って、民事的な訴訟を起こされるでしょうね。まずは、見せしめとして。信用を落としたということに対する損害賠償を求められたりとかもしかねないし。

「法律に触れていない」っていう主張は頭悪いなぁ。「いつ言った? 何時何分何秒、地球が何回回った日?」とか言ってる小学生と同レベルですな。

つってもまぁ、私個人は、この業者の味方ですけどね。正確に言えば、タスポ自体が馬鹿らしくて仕方ないので、それを小馬鹿にする行為には、基本的に味方したい。

まぁ、本当に今更なことなんだけど、「一部の人間のみに販売していいもの」が自動販売機に入ってること自体がそもそもおかしい(医薬品は薬剤師がいなければ販売できないから自動販売機には入ってない)し、そもそもタバコを吸うだだったら個人の自由だろって思うし。健康に悪いことをいちいち国が禁止しなくてもいいよ。だいたい今おっさんになってる奴らだって、ガキのころ吸ってたろ? 吸ってないなら、それはタバコを買う金が無かった程度の理由だろうよ。

若いころにタバコを吸ってたことと、年食ってからの健康状態に目立った因果関係があるようには思わないけどねぇ? 無いことはないんだろうけど、それは食生活や他の生活習慣に比べて、より影響がでかいってことなの?

タバコ禁止する前に、夜更かしや過剰なカロリー摂取を禁止してみたら? 食料は配給製にして、夜は電気止めれば?

あー、ばからし。
posted by VOT at 14:58| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タスポ導入はコンビに業界の陰謀よ。知らなかったでしょう?かわいそうなのは元”向こう横丁の看板娘”!
Posted by コンビに店員 at 2008年06月27日 09:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【民事訴訟法】についてブログや通販での検索結果から見ると…
Excerpt: 民事訴訟法 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
Weblog: 気になるワードを詳しく検索!
Tracked: 2008-06-09 18:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。