2008年09月14日

「ファンタジーゾーン コンプリートコレクション」が超Good

あのファンタジーゾーンに20年ぶりの新作!? しかも当時と同じSYSTEM16基盤で!?

というわけで、PS2版「ファンタジーゾーン コンプリートコレクション」が到着いたしました。
アーケード用SYSTEM16、セガ・マークIII、ゲームギア、メガドライブといった歴代のセガハードで発売されたファンタジーゾーンシリーズをほぼ網羅したラインナップは言うに及ばず、一番の目玉は「もし、当時最先端の基盤だったSYSTEM16で、ファンタジーゾーンIIが発売されていたら!?」というコンセプトで開発された新作(リメイク版)「ファンタジーゾーンII」が超目玉。マニュアルによれば、それっぽく作ったというわけではなく、本物のSYSTEM16互換基盤(ただしメモリ強化版、つっても256KB・・)で開発したらしい。馬鹿だね〜。ドライバもメモリマッピングのノウハウもほとんどなくなってるだろうに・・・

更にゲーム内BGM担当は、現在のシューティング界を支えるcaveのBGMを数多く手がける並木学氏。「当時の基盤で鳴らせるデータで」というむちゃ振りに見事に答えて、20年前のサウンドドライバをフル回転させてファンタジーゾーン節満点の新曲を作り上げております。

肝心のできは見事に期待にこたえた、ほぼ満点!! すげぇ!!
あえて、ちょっとだけ難をいうのであれば、ボスのカリスマ性が初代に比べると劣るという点だけ。これはまぁ、アイデアにも限界があるところに、比べる相手が悪すぎるので仕方の無いところということで妥協。
その他の操作性(手ごたえ)、スピード感すべてが、完全にファンタジーゾーンそのもの。ホント、遊んでて気持ちいい。

しかも、これだけ詰め込んで価格が2500円(税抜)とは、泣かせてくれるじゃないの。昔、ちょっとでも好きだったという人は、とりあえず買え!! 絶対損しないから。

Good Job!!!




おまけ。

あんまり喜んで遊びすぎて、半日で真エンディング一周クリアしてしまったので、記念にニコニコに上げておきました(←やりすぎ

プレイのヘボさはおいておいて、そのクオリティの高さに酔え!! 最後まで見るとネタバレになっちゃうから、買う気になったら見るのを止めよう!!

posted by VOT at 14:09| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

【広橋涼リスペクツ】 納豆チキンラーメンに挑戦☆

なんのことか分からない人にはいちいち説明しません。


先日の番組中で、広橋さんが差し入れた納豆入りチキンラーメン&とろろ昆布入りチキンラーメンが、巷でたいそう評判が悪いようですが、なんでですかね? 多分そんなに変な味にはならないと思うんですが、想像してみる分には。

疑問に思ったら試してみないと収まらないので、実際に作って食べてみることにしました。

作り方は簡単。(そりゃそうだ)

普通にチキンラーメンを作ったのち、納豆ととろろ昆布をインストール。別々に2杯作った方がいいのかもしれませんが、面倒なので一緒くたで。

できあがったものが↓こちらです。

IMG_0310.jpg

ほら、見た目全然変じゃないって。旨そうじゃん。

広橋さん曰く、よく混ぜると美味しいとのことなので、ゆっくりかき回して納豆と麺を絡めてみましょう。

IMG_0314.jpg

・・・・うん、確かに一気に生ゴミっぽい感じになりましたね。テンション微ダウン。

とりあえず香りの方は、チキンラーメンと納豆の臭いが混ざった臭いですね(笑) チキンラーメンの横に、納豆ご飯が置いてあるのと、なんら変わらんです。まぁ、今回はそれが一緒くたになってるわけですが。

じゃあ、食ってみましょうかね。

納豆が多めの部分の麺を念入りに納豆と絡めて、一気にすすり混んでみました。

・・・・旨いですよ?

やっぱり、想像通りの味ですがな。納豆を麺と絡めたときの感触+チキンラーメンのスープの味ですよ。納豆が嫌いであれば仕方がないと思いますが、好きな人なら普通に食えますって。もちろん別に食ったらもっと旨いですよ、多分。ご飯もってこい、米の飯。

しかし、とろろ昆布は全然仕事をしてないですね。食べればとろろ昆布の味はしますが、ラーメンに対しては何の影響もありません。納豆の強さに負けちゃったかな?

食べ続けたら印象も変わるかなぁと思いましたが、やっぱり基本が納豆の味なのは変わらないので普通に食えますねぇ。大丈夫ですよ、広橋さん、変じゃないですって、これ。といっても、絶対見ないだろうけどな、こんなブログ。

そんな感じで完食。ごちそうさまでした。夜食にはちょうどいいよ。

IMG_0315.jpg
posted by VOT at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

代アニ倒産 市場はガン無視

おおっと、しまった。代アニ倒産は木曜日だった(笑)
金曜日に職場じゃなくて外に出払ってたので、平日の感覚が一日飛んでたよ、ダセー<自分

消してもいいけど、このエントリーの意味がわからなくなっちゃうので、残しときます。金曜のデータにもさかのぼれるけど、面倒だなぁ。

とりあえずアニメ系株だけ、データ差し替え。

コード 市場 名称 取引値 前日比
2360 JASDAQ (株)ウィーヴ 80,000 -1,600 -1.96%
3585 名証2部 (株)トムス・エンタテインメント 412 12 3.00%
3711 JASDAQ (株)創通エージェンシー 270,000 6,000 2.27%
3725 JASDAQ バンダイネットワークス(株) 71,000 0 0.0%
3755 マザーズ (株)GDH 116,000 -2000 -1.69%
3791 JASDAQ (株)プロダクション・アイジー 163,000 14000 9.40%
4816 JASDAQ 東映アニメーション(株) 2,750 20 0.73%
7552 東証1部 (株)ハピネット 1952 15 0.77%
7844 東証2部 (株)マーベラスエンターテイメント 51,000 -1,800 -3.41%

やっぱりなんの影響もなかった点は変わりなかったね。



さて、先週末の代アニ倒産を受けて、株式市場に多少なりとも影響が見えるかと物見遊山でいたんですが、結論から言うと、何の影響もなかったみたいですね。

いわゆるもえっくす30銘柄(笑)の値動き一覧がこんな感じ。

コード 市場 名称 取引値 前日比 出来高
2333 JASDAQ (株)ジー・モード 107000 -5000 -4.46% 557
2360 JASDAQ (株)ウィーヴ 84000 4000 5.00% 701
2652 マザーズ (株)まんだらけ 533000 3000 0.57% 33
2697 JASDAQ (株)コーエーネット 229000 -1000 -0.43% 91
2706 JASDAQ (株)ブロッコリー 169 13 8.33% 506000
3585 名証2部 (株)トムス・エンタテインメント 408 -4 -0.97% 33000
3711 JASDAQ (株)創通エージェンシー 272000 2000 0.74% 39
3715 東証1部 (株)ドワンゴ 128000 1000 0.79% 425
3720 マザーズ (株)マッグガーデン 85600 -1400 -1.61% 19
3723 マザーズ 日本ファルコム(株) 47450 400 0.85% 64
3725 JASDAQ バンダイネットワークス(株) 71500 500 0.70% 115
3755 マザーズ (株)GDH 117000 1000 0.86% 1340
3758 ヘラクレス (株)アエリア 317000 -3000 -0.94% 838
3760 ヘラクレス (株)ケイブ 204000 -6000 -2.86% 65
3765 ヘラクレス ガンホーオンラインエンターテイメント(株) 541000 -8000 -1.46% 696
3791 JASDAQ (株)プロダクション・アイジー 155000 -8000 -4.91% 341
4311 JASDAQ (株)ディースリー 289000 8000 2.85% 6
4325 東証1部 バンダイビジュアル(株) 325000 5000 1.56% 694
4815 マザーズ ジャパン・デジタル・コンテンツ信託(株) 28600 800 2.88% 5835
4816 JASDAQ 東映アニメーション(株) 2720 -30 -1.09% 5100
4822 ヘラクレス (株)ハドソン 1237 -18 -1.43% 64400
7552 東証1部 (株)ハピネット 1965 13 0.67% 13400
7832 東証1部 (株)バンダイナムコホールディングス 1728 12 0.70% 873800
7843 JASDAQ (株)幻冬舎 439000 -1000 -0.23% 26
7844 東証2部 (株)マーベラスエンターテイメント 52600 1600 3.14% 260
7954 JASDAQ (株)ジャレコ・ホールディング 75 -1 -1.32% 824000
9477 東証1部 (株)角川グループホールディングス 4320 -60 -1.37% 96000
9650 東証1部 テクモ(株) 946 11 1.18% 77800
9654 東証1部 (株)コーエー 2065 20 0.98% 95100
9766 東証1部 コナミ(株) 3250 -10 -0.31% 527900

ま〜、市場全体としては若干のプラスで、まぁ、トントン程度のエネルギー。このセクターもだいたいそんな感じで誤差程度(新興市場で2〜3%/日の動きは誤差みたいなもん)、一部の極端なのを除けば相場の流れにそった結果で代アニの影響らしものは全然見られません。テレ東も-0.44%で横ばいだしねー。

ゲームなどを除いてアニメ系に限定してみるとちょっとマイナスが大きめな気もしないでもないですが・・・どうだろうなぁ。
正直、自分的には業界にもそんな大した影響はない、即消滅するわけでもないし、代アニがダメでも代わりはいるものと思ってますが、ニュースが届けば最近のアホ市場には影響あるかもねーっと思ってたんですが、結果はガン無視でしたね。

つまんねーの(笑)
posted by VOT at 17:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

代アニ倒産で深夜アニメはどうなる?

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/2239.html

学校がなくなるのは全然問題ないんだけど、だーれも提供しないような深夜アニメのスポンサーは誰がやんの?

来月から放送予定の冬アニメは最悪だねー。つられてアニメ関係株が暴落するかも。ブロッコリーでも空売りしてみるか?
posted by VOT at 18:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

「第2原画」とはなんぞや

アクセスログを見ていたら「第2原画とは」というワードで検索されてきてる人がいました。うちのどこにもそんな単語を書いた覚えはないんですが何がひっかかったんですかね。

確かに最近アニメのエンディングのクレジットなんかにもあるわりには、ネット上にあんまり情報がないみたいなんで、せっかくだから「第2原画」について説明しときます。

あ、でもこの手の話って会社によって方言があったりするし、間違ってても嫌なので、間違いがわかる人がいたらコメントください。よろしく。


さて、説明の前にまず「原画」っていう工程、「原画マン」って人たちは何をしてるなのかっていう点を理解してもらわんといかんのですが、実例がないと多分ピンと来ないのですね。

↓こちらを参考にしてください。小さいですが実例の画像もありますし、流れもわかりやすいです。

ひらめきこれがアニメーションのお仕事だ!テレコムアニメーション


上記のサイトで「レイアウト」と「原画」の工程を担当しているのが、アニメのエンディングで「原画」にクレジットされている人たちです。

で、最終的に完成した原画は(作画監督の修正シートと一緒に)、動画マンのところに送られて「動画」になります。この時行われるのは原画と原画の間を埋める絵を作成する「中割」と、仕上げ(着色)のために線を綺麗に清書する「クリーンアップ」です。後者は漫画家さんの「ペン入れ」だと思ってください。質の良い動画は、ちゃんと線の強弱もつけられてんのよ、鉛筆で。同トレ(中割で作成した以外の内容的には原画とまったく同じ動画)だからって、単に線をなぞってるだけじゃねーのよ。

つまり、最終的に完成してる原画っていうのは、動画さんのために細かくキッチリ書き込まれてないと困るわけです、原則的に。原画にない線やパーツを動画さんが勝手に付け足すわけにはいかないのです、原則的に。目の中のキラキラとか、服の模様とか、メカについてるネジとか。線は多少ラフでもいいですけどね。

ただ、そういう書き込みの部分って、原画の仕事の中では結構面倒くさいというか、単なる作業に近い面もあるわけです。どういうアングルの絵がどういうタイミングで映るのか、という、アニメの「動き」の部分なんかを伝えるだけだったら、そんなに書き込む必要はないわけですね。

というわけで、「レイアウト」を書いて原画の大雑把なアタリ(ラフ原画)まで作る人を「(第1)原画」、それをきっちり書き込んで動画に回せるようにする人を「第2原画」と言ったりします。前者はあんまり言わないかな。

まぁ、これによって、アニメファン受けするようなダイナミズムのある動きを作りだせる腕のある原画マンの負担を少しでも減らしていこう(そしてたくさんの仕事をやらせよう)ってことですね、要するに。

ぶっちゃけ昔から作画監督のこだわりだったり新人原画マンの育成だったり、時間のなくなった原画マンが尻ぬぐいを他人に押しつけたりで、場合によってやってたことなんですが、最近は表だって目にするようになってきました。工程の一つとして認識されてんですかね。第2原画から外国に出す作品が増えてきたからかな。

ようするに第2原画にクレジットされてるような人たちは、動画マンを卒業して原画マンに至る途中ぐらいにいる人たちです。たまに「ものすごく偉い人」が「かなり偉い人」に2原やらせてることもあったりしますが。基本的には彼らが育って、未来のアニメ業界を支える職人になってくれるわけですから、アニメファンは応援しましょうね、是非。
posted by VOT at 12:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

集まれ! 昌鹿野編集部 DJCD vol.1

SA340144.JPGラジオ関西から〜♪ 到着。

正直、たいして欲しいわけでもなかったんだけど、スポンサー不足に喘ぐ番組を微力ながら支える為購入。ま、1000枚も売れれば、3月ぐらいまでは保つでしょう、多分。

しかし、販売体制のあまりの首尾の悪さに、CD-Rで焼いたのでも届くんじゃないかと薄々思ってたんだけど、普通の装丁でなにより。

もう寝るので、聞くのは明日やね。
posted by VOT at 23:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

本当に始まるの?『昌也ばんばんの絞りたて生』

文化放送で、午前3時からの特別番組でちょろっと告知して以来、公的な情報が何一つないんだけど、本当に始まるよね?

おそらく配信元の「超アニメロ!」には、Webラジオの情報どころか、10/19にサイトがプレオープンするという告知すらないんだけども。どうなってんのドワンゴさん。元株主さんがお怒りですよ。とっくに売っちゃったけど。

とりあえず、明日 23 時、PCの前で。

posted by VOT at 10:18| 東京 | Comment(1) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

ポアロ マンスリーライブ 2006.10

・罰ゲームは、ネタもやらされているのか、鷲崎さんが全部考えたのかでだいぶ感想が違うんだけど、どっちやろね。まぁ、多分前者。

・ライブの最中に「今回のアルバム、パクリあんまりないんだよなぁ。なんかあったかなぁ」って悩んでるミュージシャンを初めて見た。「SALABONA NIGHT」は「YATTA!」のパクリとか言っとけば信じる人いるんじゃないかな。ただのカノン進行だけど。

・言ってみる空気でもなかったので黙ってたけど、曲のテーマがないなら筋少でもやってくんないかなぁ。復活ライブのチケットが取れなかったので、憂さ晴らしに。(←極個人的理由) J-Rock(ブルハ以前)でもいいや。または「からっぽの世界」を聞いてポカーンとしている客席とか。


先日、「あと何分」でライブの感想は有料みたいな話をしていたあたりで、リファラにいかにもそれっぽいアクセスログが残っていたので、試しに「ポアロ マンスリーライブ」でググッてみたら、うちのブログ上から二番目でやんの。公式の次だってさ。なんででしょ。ごめんね、ポアロのこと全然書いてなくて(笑)

posted by VOT at 09:48| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

オーケンののほほん学校スペシャル

SA340099.JPG渋谷DUOで行われた『オーケンののほほん学校スペシャル』を見に行ってきました。のほほん学校にはずっと一度行ってみたいなと思いつつ、混雑したロフトプラスワンは嫌だな〜と敬遠してたんですが、今回は筋少復活と時期が重なったのと、ゲストがラーメンズの片桐さんだということだったので、見てみたいなというモチベーションの方が上まりまして。

チケットを買ったのがつい一週間ぐらい前だったので、入場順はほとんどドンケツ。当然立ち見です。といっても、観客500人のところに椅子は200ちょい(推定)なので、多少早く入ったところで立ち見は立ち見。あのねー、トークライブを立ち見で何時間も見るのはしんどいですよ。歌の方が体を動かせるだけまだマシね。

内容は面白ビデオを流してのトークとか、歌とか。想像してたより歌が多かったですが、こりゃポアロライブに毒されてますかね。ちゃんとしたライブハウスなので音は本格的でよかったです。

復活筋少メンバーからの挨拶については、挨拶というより懐かしエピソードトーク。本人たちも別に「復活してバリバリやってトップチャートに!」みたいな意気込みがあるわけでもなさそうで、ボチボチといろいろ考えてるんで宜しく、みたいな。

まぁ、うん、予想通りのぬる〜いイベントでした(笑)あ、良い意味でね、良い意味で。でも、ああいう内容の場合は基本的に全員分の席のある公民館みたいな会場でやって欲しいかな。キャパ越えて立ち見がでる分には仕方ないけど。
posted by VOT at 11:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

スーパーSF日本特撮映画大会 変身人間スペシャル

そういえばしばらく新文芸座のオールナイトのスケジュールを見てなかった・・・最近ちょっと興味のある特集でも、しんどいのが先に立って(笑)あんまり行かなくなってたんだよねぇ。

夏休みだし、何か美味しい企画でもあるかしらと思って見てみたら・・

8/12 スーパーSF日本特撮映画大会 変身人間スペシャル

マタンゴ(1963/東宝)
美女と液体人間(1958/東宝)
電送人間(1960/東宝)
ガス人間第1号(1960/東宝)

マ〜ジですか〜。前から見たいなぁと思ってても、次の瞬間には忘れている映画がそろい踏みではないですか。うひょ〜。どうしようかな〜。
posted by VOT at 18:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ポアロ マンスリーライブ

アクセス津波中ですが、ほとんどの人は特定記事しか見てないので、気にせずいつも通りに(笑)

washi.jpgポアロのマンスリーライブに行ってきました。結構もう長い間行ってますけど、こうやってなんか書くのは初かな。それ何? という人に説明するのが面倒なので避けてたんですが、本日の罰ゲーム(?)の『撮影会』で結構味のある写真が撮れていたので、なんとなく。

写真上げちゃって大丈夫かどうかわからないので、ち〜いさく縮小してみました。怒られたら消そう。ちなみに元画は240x320なので待ち受けにもなるぞ! (普段は写真撮影は・・常識的に禁止のはずだけど、そういえばハッキリ聞いたことないな)

あ、でもやっぱりわからない人には説明しませんので気にしないように。

感想とか別にいいや。とりあえず「コンティニューサマー」の元ネタはバラされなくてもわかってましたね。つーか、タイトルにヒントがありすぎ。
posted by VOT at 09:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

アニメの制作費ですが

[アニメ]アニメ制作の費用についてしらべてみた。

普段だったらトラックバックとかあんまりしないんですが、元アニメ業界人としてちょっと気になったので指摘事項など。

見積もりの出し方がだいぶ間違ってますね。いや、細かい数字じゃなくてね。それは場合によって全然違うから、正しい数字なんてものは存在しないんだけど、基本的な見積もりの考え方の辺り。

まぁ、私が業界に関わってたのは、かれこれ10年前(エヴァまっさかり)のころなので、古い知識ですけどね。多分変わってないと思うので、わかる範囲で。


まず、原画のギャラなんですけど、原画の発注は枚数じゃないです。カット単位です。カットというのは、カメラがフィクスだったらパッと背景ごと切り替わるところね。パンやズームイン/アウトなんかで絵的に連続する場合はそれで1カットです。

これも作品の内容によって大きく変わりますが、だいたい30分アニメだと正味21分程度で、250〜400カットぐらいになると思います。ギャラに関しては昔の話だからなぁ、担当してたのは1カット1500円〜3000円ぐらいでしたけど、どうだろう、今だと。

ちなみに、背景だけの止め絵のカットでも、やたらと動き回るカットでもギャラは変わらないのが普通です。もちろん割に合わない場合も多々あるんでしょうが、その辺は人付き合いですから、是非この部分はこの人で、というカットがあれば、それに合わせて楽な部分のカットも渡すとか、そういう部分で調整してましたね。単価に差を付けることはあんまり無いかな。

なお、原画マンさんの仕事は「レイアウト」「原画」「タイムシート」の作成です。原画を描くだけじゃないのよ。この辺りは現場の流れを知らないと説明しづらいので省略。


次に動画枚数なんですけど、
>25分x60秒x24コマ=36000枚。

それは映像のコマ数であって、動画枚数ではないです

皆さんご存じの通り、もともとアニメはセル画と呼ばれる透明の板に書かれてたものを重ね合わせてフィルム撮影して作成されてました。今でもサザエさんなど一部作品はそうですね。動画の作り方もそれに沿った形で作成されます。(もちろん原画も)

たとえばキャラクターのアップで何か話している場合は、口しか動いてない場合が多くありますが、この場合はAセル(一番下)として口を除いたキャラクターの絵、Bセル(上)に口だけ書かれた絵を3パターンぐらい。これでBセルのみいろいろ入れ替えて、キャラクターが話しているように見せます。(図でも書こうかと思いましたが面倒なのでヤメ。わかるでしょ)髪の毛だけがなびいてる場合なんかも同様で、Aセルのキャラクターはファンには見せられないようなハゲ頭です。よく落書きが入ってるので笑うよ。

つまり、そういったカットが5秒あるならその動画枚数は4枚です。ただし、コマ数は秒間24コマなら120コマですね。ちなみに日本のテレビアニメはリミテッドアニメーションと呼ばれる、秒間24枚以下のコマ数を使用しているアニメがほとんどですが、この場合は同じコマを2枚とか3枚とか撮ることによって、擬似的に秒間8コマや12コマにします。ちなみにエロアニメのHシーンは4枚リピートがやたらと多いです。枚数かからないんだよね、あれ。

キャラクターが絵的に変わらず上下してたり拡大縮小してたりする場合は、撮影で工夫しているだけで動画枚数は1枚ということになります。キャラクターが画面端からスクロールしてくる場合なんかは、大きなセルに絵を描いて、撮影時に左右位置を変えたりするわけです。今はデジタルだからこういう工夫がしやすくなったので動画枚数の節約もしやすくなってるでしょうね。

総動画枚数はピンキリです。1500枚から8000枚ってとこです。1500枚だと動いてないな〜と感じる程度で、テレビでここまでやって大丈夫?と思うレベルだと 8000 から 10000 ってところですね。エヴァやガオガイガーの第1話は確実に10000越えてます。今のアニメを見てると、感覚ですけど、アニメファン向けの作品だと 3000から5000使ってる作品が多いと思います。ちびまる子ちゃんとかしまじろうとかは2000枚ぐらいかな。いかに動画枚数を節約して素人の目をごまかすかは、職人としての演出の腕の見せ所でもあります。

単価はだいたい正しそうですね。150円から300円ぐらいじゃないですかね。


あとは仕上げ(彩色)。原則的に動画枚数=仕上げ枚数で、こちらの単価は動画より少し安めに設定されてると思います。動画が200円なら150円とか。末端の作業員に入るのは日本人でも更にその半分だったりするけど。仕上げさんは色指定やらないと食べていけないよね・・

背景は枚数や作品の内容でおおざっぱに見積もってグロス出し。背景会社さんから個人の背景さんへのギャラは一枚いくららしいですけど、詳しく知らないです。音関係、声関係もそうですね。音響会社へのグロス出し。撮影もそう。

あとは監督、脚本、絵コンテ、キャラデ、作監、動検、色指定といった、たいていこのどこかがボトルネックになる人たちのギャラとかも無視できないし。


で、何が言いたいかという、本当にピンキリなので、何に金をかけてるのかは作品によって違うんですよ。だから想像やあてずっぽで特定の作品の費用を計算してもはっきり言って無意味です。単価が10円変わってくるだけでも、全体だとものすごい誤差になっちゃうので。

まぁ、細かく話しだすと長くなるのですが、アニメとはいえ結局商品ですから、たいていの場合は見積もりの段階では制作も黒字になるように見積もります。確保できた予算が1500万だとしたら、その中から割り振りを決めて各行程の単価を逆算するわけです。(もちろんその予算自体を決めるための見積もりってのもあるのよ。いろいろ調整するんだから)

最初から「無理だろ」という数字の場合もありますけど、見積もり以上の単価を用意したりはまずしないので、予定通りに行きさえすれば赤字にはならないはずなんですよね、本当は。赤字になっちゃう原因は、スケジュールが押しちゃったので動画や仕上げを蒔く(少量の仕事を多数の会社にばらまく行為)ときに予定以上の単価にして引き取ってもらったりとか、演出がヘボで予定を大幅に越える枚数になっちゃったりとか(3000枚だっつってんのに、蓋を開けてみたら8000枚かかったとか・・・(実話))まぁ、そのあたりですね。

更に言うと、これは制作(作業する人)側の話なんですよね。DVDが予想より全然売れなかった、なんてのは、製作(代理店とか配給会社とか、主に企画とお金を用意する人)の問題であって、現場の制作にはたいてい関係ないです。その辺りを切り分けずに「アニメは赤字産業」みたいなことを言うと混乱を招くので注意した方がいいかと。


ふむ、勢いで書いたのでまとまってないですが、明日は早起きするのでとりあえずこんなところで。
posted by VOT at 00:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(3) | オタ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。