2008年07月07日

喜多方ラーメン写真館

えーっと、五月の末の話になってしまうんですが(笑

喜多方ラーメンを食いに地元まで行ってきたのですが、写真を整理するのが面倒で記事にしてなかったところ、変に喜多方ラーメンの名店の名前が並んでいるエントリーなんか作ってしまったものだから検索とかに引っかかってくる方が意外と多くて。

なんか申し訳なくなってきたので、今更ですが、手持ちの写真をアップしておきます。本当は味のことなんかも書きたいんですが、何せ基本ラインはどの店も似たようなものなので、細かい違いはすでに記憶があいまいになってしまっています。なので、基本的に写真だけ、覚えていることがあったら一言ぐらい、という感じで勘弁してください。

それでは一気にどうぞ。ちなみに、写真は自分が回った順。
これ全部二日(正確には約28時間)で食いました。そりゃ太るわ。

写真館を開く
posted by VOT at 00:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

【太鼓判!】ホルモン稲田@目黒

http://www.kuroge-wagyu.com/hi/

ここんところご無沙汰の食いある記でしたが、今回はニュース性もありそうなんで久々に。

オープンして2週間。焼肉ジャンボなどの名店への和牛の卸元として有名なヤザワミートが開いた焼肉屋「ホルモン稲田」に行ってまいりました。

.080614_1923~0001.jpg
080614_2008~0001.jpg080614_1928~0001.jpg

場所は目黒駅東口から路地に入ってすぐ。徒歩1分という好立地。蒙古タンメン中本 目黒店の二階がお目当てのホルモン稲田。

店内はテーブル席が10席とプラスα。50人ぐらい入れるかな? すでに大人気で予約をしないととても入れない様子。今回は当日予約でいけましたが、今後は怪しいかも?

焼き台はガスローターです。炭火を有難がる人もいますが、焼肉に関しては、そう神経質にならなくてもいいと思いますね。炭火は火加減や焼くものによって置く距離が調整できないと、デメリットがメリットを上回ってしまうと思います。網の上においてしまう焼肉はその最たるもんですね。

さて、ホルモンと名を打ってますけど、実際にはホルモンが充実した焼肉屋といった感じ。サイドメニューはちょっとさびしいけど、厨房に負担をかけるものが削られているってところですかね。

さ、ガンガン肉焼いて食うぞ!

080614_1936~0003.jpg

まずレバ刺! 新鮮な小豆色で臭みはいっさいなし。サイコロ状に切られているのはちょっと珍しいかな。そのおかげか、口の中で溶けるというよりは、ちょっとプリッとした歯ごたえを楽しみながらコリコリ食べる感じ。旨い!

080614_1938~0001.jpg080614_1940~0001.jpg

ユッケと上タン。ユッケは肉とタレと卵という超シンプル構成。その代わりというか量が多い。実にユッケという感じで旨し。上タンは片面を強めに焼いてコリッとさせるのが好み。

080614_1942~0001.jpg080614_1949~0002.jpg

ホルモン五種盛り。内容はその日のオススメで日替わりだとか。

080614_1952~0005.jpg080614_1938~0002.jpg

基本のホルモン(腸)がなかったので別途注文。ホルモン中心に行くつもりだったので、正肉より先にハラミから。

どちらも脂が乗っててウマ〜い。ホルモンは脂をどの程度残して処理するかが腕の見せ所です。安いところは脂を大量に残すのでくどくて仕方ないのですが、ここのはいいね。ま、もともと脂身自体に臭みがないから平気ですけどね。

ちょっと焦げ目がつくぐらい焼いて口に入れると、プリップリッと口の中で爆ぜた後、チュルっと喉を通っていきます。旨いねぇ。

さて、ここでジャンボ好き注目! 「アレ」もちゃんとありますよ!

080614_1952~0001.jpg080614_2000~0001.jpg

ミスジとザブトンのご登場! どちらも少し暖める程度、数秒火の上をしゃぶしゃぶのようにくぐらせるだけでOK。味はもちろんジャンボと同格。タレの味が多少稲田のほうが控えめかな?

他にもサンカクとか、ホルモン系の裏メニューもありそうです。店員に聞くべし。ちなみにお値段は一皿3000円程度。ジャンボ本店よりは高いですが、白金店とは同じぐらいですかね。頼みすぎると大変なことになるので注意。ホルモンをガツガツ食って、最後にちょっとだけ頼むみたいなのがオススメかなぁ。

080614_2026~0003.jpg

〆はなにやらお店の名前を関してした「稲田うどん」。かつおだしの上に甘辛のひき肉などを乗せたあたたかいおうどん。これは正直、タレがすき焼き並みに甘くなりすぎて、〆としてはイマイチ。もっとさっぱりしてるヤツがお好みなので、次回は冷麺かな?


わしと一名、プチ大食い二人で2万円だったので、普通なら5・6千円もあれば足りるでしょう。味はかなりのもの。私が太鼓判を押します。立地も加味すると、もしかしたら都内最強店として名乗りを上げてくる可能性も。

すぐ行け!
posted by VOT at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

喜多方攻略メモ

(追記)
検索とかでここに来てしまった人は、写真がおいてあるので、こっちの記事へどうぞ!
http://vots.seesaa.net/article/102317349.html




松食堂
http://r.tabelog.com/fukushima/rstdtl/7000069/

↓となり

坂内食堂 朝
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/t019100n.htm

まこと食堂 朝
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003379183/M0007000277/

食堂なまえ ちょい狭い
http://www.ramenkai.com/shop/detail.php?id=47

食堂はせ川 日曜休み 行きづらそう
http://homepage3.nifty.com/i-iwasa/shokudouhasegawa.htm

---------

源来軒 元祖
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003378820/M0007000251/

さゆり食堂 スープ切れ注意 行列 昼推奨
http://r.tabelog.com/fukushima/rstdtl/7000063/

あべ食堂 シンプル 朝
http://gourmet.yahoo.co.jp/0003380510/M0007001033/

喜一 比較的新顔で注目 朝
http://r.tabelog.com/fukushima/rstdtl/7000556/

posted by VOT at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

スパゲティーNokishita@新宿三丁目

SA340169.JPGNokishita は新宿三丁目にある和風パスタのお店。基本的に何を食べても美味しいです。

写真はこのご時世にカキのパスタをオススメにしている男気に惹かれて注文した、カキと唐辛子とニンニクとほうれん草(ようするにペペロンチーノ)大盛りです。ちょっと塩っぱめでしたが、やっぱり旨いですね。携帯の設定ミスってあんまり旨そうには取れてないですが。

でもやっぱり、これで1300円(+大盛り100円)っていうのがどうも。他にいろんなメニューを用意しているイタ飯屋で出てきたならこれぐらいでも普通というか、むしろ2000円ぐらいしてもさほど不思議はないレベルなので、割安のはずなんですけどね。同じ麺類という目でラーメンやうどんと比べてしまうと、パスタの割高感はいかんともしがたいですね。一品一品調理の手間があるから仕方ないんですけどね〜、う〜ん。

少量で満足できる女性なんかにはオススメです。
posted by VOT at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

本家中野大勝軒@高田馬場

SA340170.JPG高田馬場は東口に東池袋系の大勝軒があってややこしいのですが、こちらは西口にある、中野の大勝軒系、だから名前も「本家、中野、大勝軒」。

東池袋系との違いは主にスープで、トンコツなどダシの香りと甘味が強烈で濁りととろみがあるのが東池袋、中野は多分鶏ガラなど、昔なつかしいラーメンっぽい軸の醤油ダレと独特の酸味でスッキリした味わい。私はどっちも好きなので気分で選んでます。ただ、まぁ、後者の方は、今時の人には薄味に感じるかもしれませんけどね。全然薄くないんだけどな、特に塩分。

ただ、系統とはいっても中野本店と高田馬場はかなり味が違います。正直、高田馬場の方が美味しいと思います。一番の違いは麺。なめらかでぷりぷり、でもコシのある麺。香りは違いますが、食べている感じはちょっと細めの讃岐うどんみたいな感じで、表面はすべすべなのにスープととてもよく絡みます。

近所に二郎や純連などもあって苦戦しているようですが、比較的空いているわりにレベルは高いのでオススメです。(つーか、二郎も純連も評判ほど旨いわけじゃないし・・ね)
posted by VOT at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

町田家 新宿南口店

SA340147.JPG高島屋タイムズスクエア付近の、知らない人はまず通りかからないような路地にある新宿の穴場。横浜ラーメンの町田家 新宿南口店。新宿ではナンバー1の横浜ラーメンです。なにせ他にないので。(御苑に一軒あるけど)

家系というジャンルはかなりハズレが少なく、よほどひどい店でない限り、どんな店でも結構いけるもんですが、ここのラーメンは他の家系と比べてもかなり美味しいほうだと思います。比較的トンコツ臭控えめ、家系としてはですけども。麺が美味しいので、つけ麺でも美味しそうなんですけど、残念ながらメニューになし。仕方がないので大盛りにすると、写真のように、丼一杯の麺の隙間にスープが入り込んでるようなものが出てきます。口当たりがいいので、男ならペロッと食えますけどね。

わざわざ行かなくてもいいですが、覚えておくと意外と役にたつ店かと思います。

posted by VOT at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

北海道 Jingisukan 居酒屋 一緑@西新宿

IMG_0304.jpg新宿でジンギスカンでも食おうかと向かった店に満席でフラれてしまったので、この辺りだったら何かあるかなぁと、小滝橋通り裏のあたりをブラブラしていたら、ジンギスカンの大きな看板があるちょっとよさげな店を見かけたので、試しに入ってみました。北海道 Jingisukan 居酒屋 一緑というお店。

テーブル席4つぐらいとカウンター8人分ぐらいの、幾分小さめのお店ですが、周りには酒瓶がびっしり。見てみると、梅酒や焼酎、ウィスキーから、なかなかマニアックなリキュール類もそろってます。雰囲気もよさげ。

メニューの種類はそれほど多くはないので、生ラム肉と野菜のセットやら、イベリコ豚やらめぼしいところを一通り頼んでみました。

生ラムはタレにつけ込んでおらず、一度焼いてから好みのタレ(ニンニク醤油・ポン酢・カレー塩・塩)を選んでいただきます。冷凍焼けしていない綺麗なピンク色の肉は、焼いても柔らかくプリプリの歯ごたえ。

イベリコ豚はアッサリとした脂と豚肉の風味のバランスがよく、しっかりとタレにつけられたハラミも柔らかくて食べやすい。いや、旨いっすね。

メニューには細かく乗っていないんですが、カウンターにずらっと並んだ酒は全て注文可能。何十種類とある梅酒の中から、店員さんに選んでもらった梅酒(ロック)は梅の香りが濃厚なわりには口あたりがよく飲みやすかったです。こちらもいい感じ。

IMG_0292.jpgIMG_0293.jpgIMG_0296.jpg

難があるとしたら、店のレベルにしてはお通しが少々貧乏くさかったこと(カニかまって・・)、ラム肉にタレがついていない分、鍋淵から熱が逃げやすく野菜に火通るのに時間がかかるところ。肉の脂とタレを吸ってちょっと焦げた野菜がジンギスカンの隠れた主役だと思っている私としては、これはちょっと物足りない。

とはいえ、肉の質が良いからタレにつけ込まなくても大丈夫なわけで、そういう調理法なんだな、と納得さえしていれば、全体的なレベルの高さに十分満足できる店だと思います。サイドメニューをほとんど食べていないので、今度はそっちに重点を置いて食べてみたいかな、と。

posted by VOT at 16:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

和風つけそば らーめん桜桃@中野

SA340158.JPGラーメンの写真ばかり10枚ほど溜まっているので、読んでて面白いとも思えないんですが、とりあえず更新していきます。

中野にある桜桃は元山頭火のあった場所。というか、要は山頭火が出しているつけ麺用のセカンドブランドではないかと思います。スープの基本が完全に山頭火なので。

ラーメンの方は完全に山頭火らしいという話も聞きますが、食べたことがないので知りません。この店に入ったら、トロ肉つけ麺一択です。そもそもトロ肉が食べたいときしか行かないです。

麺はコシがあるというより固いだけではないだろうか、と多少疑問に感じる部分もありますが、そこそこ美味しいです。つけ麺らしく表面がツルツルしてて口当たりが良いのがいいですね。あとはまぁ、トロ肉です。それだけ。

いや、旨いと思いますよ。
posted by VOT at 22:15| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

炭火焼肉 神戸屋@新宿御苑

IMG_0282001.jpg新宿にザブトンやミスジといった希少部位を出している焼肉屋があるという話を聞きつけたので、早速行ってまいりました。

地下鉄新宿御苑前駅からまっすぐ北へ。ラーメン屋でいうと、大勝軒十五夜のすぐ近くのスーパーマーケットの2階、炭火焼肉の神戸屋

職場の近くで飯を食うときに散々目にしているので店の存在はずっと前から知ってましたが、入り口の階段下には焼肉チェーン店風の安っぽいチラシなどがあり、そこだけ見ると正直まったく美味しい店には見えません。

しかし、最初に出てきた並レベルの肉(タレ)は、比較的アッサリ目のタレがとてもいい感じに効いていて、新宿で一人前1000円を切っている肉とはまったく思えないレベルの高さでした。特に旨かったのはホルモン(味噌ダレ)ですね。脂がいい感じに乗っていて、ちょっと焦げ目が付くぐらい強めに焼いてご飯に乗せて食べるのが最高。

ただ期待していた希少部位の方は、正直値段に見合うかというと?? もちろんまずくはないんですが、ちょっと脂の甘味が勝ちすぎて肉っぽい旨味に欠けた感じ。そういうバランスの面では、並の肉か上ぐらいまでがベストだと私は思います。大トロが必ずしも一番旨いというわけではないってことですね。

IMG_0279001.jpgIMG_0284001.jpgIMG_0287001.jpg

並の肉か上ぐらいまでで組み立てると、4000〜5000円程度で満足できますので、新宿で最高のコストパフォーマンスってのは嘘ではないですね。オススメ。
posted by VOT at 00:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

手作り&無添加プリン工房 Purimo @高田馬場

0234.jpgプリモは先月あたり高田馬場にオープンしたプリン専門店。私が高田馬場を通りかかるのは大抵深夜とかなので、なんか看板が気になるなぁと思いつつ買う機会に恵まれていなかったんですが、休日出勤の途中に立ち寄って、やっと購入することができました。

看板メニューである「プリモ」と「黒ごまプリン(生クリーム付き)」購入。黒ごまはおやつにするので、とりあえずプリモの方をいただいてみました。

ここ数年、プリンというと生クリーム色の強いなめらかプリンが人気で、それはそれで大好物なんですが、たまには従来の日本風プリンが食べたい。プリモはそれにぴったりな感じですね。

質のいい卵と牛乳から来た柔らかな甘さはトゲがなくて口から鼻に優しく抜けていきます。プリンは2層構造になっていて、上はヨーグルトのようななめらかさの甘めのプリン、下は気持ち固めのプリプリした焼きの風味の強いプリン。それと気持ちあっさり目のカラメルを併せて、うん、美味いですねー。

シンプルに見えてすごい手の込んだ王道プリンですね。甘い物好きな人でないと、このありがたみは分からないかも。¥380とプリンにしては気持ち高めですが、それだけの価値はあります。1日50〜100食限定の貴重な品なので、食べるなら今か?
posted by VOT at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

大勝軒十五夜@新宿御苑前

SA340149.JPGマズいマズいだけではなんなので、自分的には対極にある、一番大好きな店を。新宿厚生年金会館近くの大勝軒十五夜

魚出汁香るつけ麺にしてはあっさり目のスープ、コシが強いにもかかわらず表面がツルツルで口当たりのいい麺。

自分にとって、今最高のつけ麺です。ただ、人に勧めるのに難があるとすれば、これは大勝軒の味でもなんでもないこと。本来の大勝軒はダシもタレも調味も、もっとインパクトとアクがあるので。あれはあれで旨いですが、自分にはだいたい濃すぎなので、ここぐらいのバランスが一番うれしいのです。だから、人によってはスープに物足りなさを感じるかも。

そのせいか多少空いてる感じなのもお気に入りの理由です。オススメですが、混むと俺が困るので、来るな!
posted by VOT at 23:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南池袋大勝軒@行ってはいけない

SA340148.JPG激烈有名なのは東池袋大勝軒本店。こっちは池袋駅の比較的近くにある暖簾分けの大勝軒です。

ラーメン二郎の池袋店がほぼ隣。いつ見ても、二郎は行列、大勝軒はスカスカ。ずいぶん前に一度入ってるんですが、正直、その時は全然美味しくなかったです。

でも、もしかしたら改善されてるかもな〜と思って、通りかかったついでにちょっと入ってみました。なんか二郎との客数の格差がますます開いていることに不安を感じつつ。結果、

檄マズ

スープはダシの風味がインスタントみそ汁レベル。化学調味料のような昆布っぽい味だけが特出して、気持ち悪くなりそうでした。

麺は若干柔すぎましたが、なんとか食えます。ただ、水切りが甘くて、食べ終わった後、茶碗の底にコップに軽く一杯ぐらいのあり得ない量の水が溜まってました。なんだ、これ。

大勝軒と名の付く店で、こんなひどいものが出てきたのは始めてです。本当に食べるのが嫌になったので残そうかと思いましたが、スープにニンニクと胡椒を馬鹿みたいな量入れて、正体のわからない食べ物にしてなんとか完食。やれやれ。

あのねー、人を叩くのは嫌いなので、普段だったら「マズい」っていうハズレの店はスルーして何も書かないんだけど、今回は更に店員の態度にも頭来てねー。

一つ一つの動作が荒くて、食器やら調理器具やらがガッチャガチャ音立ててるし、店員同士はニヤニヤ笑いながらず〜っと雑談してるし、帰る客の半分には「ありがとうございました」も言わないってのは、どうなのよ。隣の二郎には行列ができてるのに、飯時に空席が半分もあるってのに、そんなんでいいの?

まぁ、他にもなんだこれっていう「大勝軒」はありますが、今のところダントツのひどさでした。これを大勝軒の味だと思ってる人もそれなりにいるかもなぁと思うと、あ〜。ラーメン屋にそれほど詳しくはない方々、大勝軒の暖簾を安易に信じないでください
posted by VOT at 09:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

どうとんぼり神座(かむくら) 新宿店

SA340146.JPG「3回食べるとくせになる」が売り文句の神座ですが、ぶっちゃけ、そんなことないと思います。好みかどうかは一度目で分かるよ、普通に。

わし的オススメの食べ方。

1.麺はどうでもいいので、チャーシューは多めにしよう。
2.ニラとにんにくをたっぷり入れよう。

要するに、神座のラーメンってのは、デフォルトのあっさり、お上品なイメージは偽りで、ニラとニンニクとチャーシューで訳が分からなくなってるぐらいが美味しい、とっても下品な状態が本質です。(断言)

麺はおまけ! ニンニクの香りがするスープに浸り、たっぷりのニラが絡んだチャーシューでライスを食うのがベスト。

試してみ。おしゃれぶってると旨くないよ。
posted by VOT at 01:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

四国屋@鍋屋横丁

SA340138.JPG中野から中野通りを南へ南へ。青梅街道を越えて更に南に行ったところにあるうどん屋さん。四国屋はまだ東京に讃岐うどんブームが来るずっと前から営業を続けているベテランさんです。

うどんは太くてゴツくて柔らかい本格派の讃岐。出汁はもちろんいりこ出汁。ちょっと前まで冷やし系うどんは関東風の出汁だったんですが、最近は讃岐風も選べるようになりました。ちなみに写真はもっともシンプルなすうどんです。

メニューはバラエティに富み、どれも美味しいです。個人的に特にオススメなのは、鍋焼きうどん。2000円と少々値は張りますが、内容は鍋焼きうどんというより、一人前のうどんすきといった方が正確なので割高感はありません。ネギもたっぷり食べられて体の芯から暖まります。寒くなったら一度は食べないと。

日曜はお休みですが、通常0時すぎぐらいまでは開いているのもうれしいです。あと、うどん屋さんには珍しく替え玉なんかもあったりします。特大のいなり寿司も旨いですよー。うどんができる間につまんでみてはいかが。

ああ、思い出したら腹が減ってきた。
posted by VOT at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

繁華亭@中野

SA340141.JPG口を開けば愚痴しかでないので、溜まった写真でブログ更新。

個人的にとっても好きな中野の繁華亭。写真を見ると味噌ラーメンみたいですが、実際にはとんこつ醤油ラーメンです。スープの色は多分焦がし脂だと思います。

青葉のすぐ近くで、しかも外見がすごく地味なせいか、失礼ながら存在感がまったくないんですが、コシのしっかりした自家製麺とくどすぎない程度に自己主張のあるスープで、かなりレベルの高いラーメンだと私は思ってます。もっと流行ってもいいと思うんですけどねぇ。

ラーメンも店も地味な感じがあるのは事実ですが、ラーメン自体は他にあまり類のない個性的なものですよ。メディアに踊らされてないで、自分の舌で確かめてみて欲しいんですけどね。
posted by VOT at 22:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

くじら軒@新宿

SA340140.JPGなんか記事にしてない写真がポコポコ出てきたので、古すぎないあたりを適当に。

新宿MyCity改めルミネエストにあるくじら軒。本店は言わずと知れた横浜、みなとみらい付近の有名店。

魚や豚骨をベースにしたスープは、かつてはニューウェーブと言われてましたが、最近では定番と行って良い風情です。

写真は私の好きなバラそば(塩)。バラ肉を使った甘味の強い柔らかなチャーシューと、ちょっと塩っ気の強いスープとのマッチングが素敵。

できた当初は結構混んでましたが、数年経って最近は穴場的なスポットになりつつある気がします。新宿駅でも一番地味なビルのレストラン街ですからねー。メディアにもあまり取り上げられないし、仕方ないか。

ただ、今東口近辺にはロクなラーメン屋がないので、小滝橋や歌舞伎町のほうまで行く気力がない場合は、くじら軒で安定だと思います。味は落ちてません。旨いよ。オススメ。
posted by VOT at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

明月館@池袋

IMG_0127.jpgひさしぶりに池袋の明月館に行ってきました。

池袋は焼き肉不毛の地というか、これだ! という焼肉屋さんは一つもないです、正直。そんな中でここはまぁ、値段のわりにはという条件つきで美味しいので結構便利に使ってます。

ただ、日によって肉質にものすごく波があります。旨いときに当たれば超いい店なんですが、今日はダメでしたねー。まぁ、それでも、大手焼肉チェーンと大差ない価格ですので、そっち系に行くよりは断然いいです。

池袋で焼肉を食うシチュエーションになったらどうぞ。
posted by VOT at 00:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

全聚徳 新宿店

IMG_0052.JPG何の脈絡もなく、北京ダックを食いに行ってきました。

全聚徳は北京ダックの老舗だそうで。ついこないだ、ぐるナイの「ごちになります」の舞台になっていたそうですが、偶然です。

店内はなかなか落ち着いた雰囲気、料金は高めですが出してる料理自体が高い素材のものなので仕方がない値段だと思います。ドリンクの値段が500円とか600円であることを考えると、かなり良心的な値段づけでしょう。

8000円のコースで、ふかひれのスープとか家鴨汁のラーメン、デザートがついて、メインの北京ダックは一人5包も6包も食えますからね。普通、北京ダックが入ってるコースって1包が言い訳みたいにくっついてくるものが多いので、質を考えれば十分にお得だと思います。

甘辛のたれをつけてじっくりと焼かれたパリパリの皮にちょっと多めの肉がついたアヒルの肉を味噌ダレにつけて、軽く火を通してエグ味を抜いたネギや赤カブなんかと包んで一口でいただきます。いや、うん、旨いですね。モチモチだったりサクサクだったりシャクシャクだったり、いろんな食感と味が渾然となって、それをアヒルが芯になってまとめてるような感じ。

あとコースの最後についてた(鴨じゃなく家鴨←当たり前)のスープの麺も旨かったですね。鳥らしいコラーゲンたっぷりのスープですが、鶏のものよりあっさりした感じで飲みやすい。できれば単独で食べてみたい味です。もしかしたらランチで出してるのかもしれないので、今度狙ってみます。

IMG_0048.JPGIMG_0051.JPGIMG_0053.JPG

お酒とお茶で1万円を超えてしまったので、私の経済力ではあまり気軽に行ける店ではないですけどね。北京ダックを食べたいという欲求を満たすのなら、中途半端なところよりはこの店の方がオススメですね。
posted by VOT at 01:01| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

小麦と酵母 満@曙橋

IMG_0038.JPGおとなの週末がパン特集をやっていたので、比較的生活圏内にある店に行ってみました。曙橋のえらく目立たないところにあるえらく目立たない店、小麦と酵母 満。品川の駅ビルにあるところと同じお店ですね。

小腹を満たす程度でよかったので、なすび(なすと挽肉の入った柔らかいおやきのような感じ)と大納言(牛皮と豆が入ったパンをきなこでデコレーション)の二つ。あと、これだとパン自体の味がよくわからない気がしたので、イングリッシュブレッドを半斤。これは明日の朝飯用。

メニューは全体的に和風のパンが大目。甘味や香りがひかえめで、やわらかくモチモチに焼き上げられたパン生地と和風の食材の相性がすごく良いです。これは美味いなぁ。

他の名店のような、いわゆる欧風の美味しいパンとは若干方向性が違う気がするので、本格的なパンが好きな人にはそれほど受けないかもしれませんが、これはこれで全然アリです。普通の人は品川の方が行きやすいかな。オススメ。
posted by VOT at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

サイボクハムのソーセージ

IMG_4390.jpg埼玉県人には有名なんでしょうか、サイボクハム。名古屋の鎌倉ハムみたいなもん?

勝手にマザー牧場みたいな貧相なレジャー施設に売店みたいな、寂れた感じを想像していたんですが、実際にはかなりこぎれいなレストランやショッピングモール。子供向けの遊戯施設や温泉なんかもあるファミリー向けのスポットで、とにかくもう、ものスゴい人でした。

本当はレストランでステーキでも食っていこうと思ったんですが、待ってる人が外まではみ出しているような状況で混乱気味の店内を覗いた時点で戦意喪失。家族連れの山の中に、一人でこんな僻地にまで散歩に来てる男の居場所なんかございませんがな。

SA340103.JPG日差しが強かったのもあるのか、野外にある露店の方は結構回転が速そうです。大量の肉がぶっきらぼうにドンドン焼かれていく光景は非常に豪快。夏の休日には、こういうものの方が合いますね。どのみち静かな空間なんて、どこにもありそうにないし。

SA340104.JPGソーセージの盛り合わせ(\500)を買って直射日光の中、ベンチに座ってモリモリをほおばって来ました。ぶっちゃけ、大量生産品にしてはかなり旨かったです。近くに直営店があるなら週末に買いだめしたくなるのも頷ける。買い物ついでに子供達を遊びに連れて行けるんだから、そりゃ混みますわな。

結局あまりの人混み(新宿駅並み)に嫌気がさして、中を見物することもなくサッサと帰ってきちゃいました。
posted by VOT at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。