2006年07月15日

レストランゆりのき(新宿御苑内)

IMG_3699.jpg御苑付近で飯を食っても目新しさがないし、せっかくなので御苑ないにあるレストランで昼飯を食ってきました。

肉入りそば、たしか650円ぐらい。立ち食いそばレベルを覚悟していたのですが、思いの外美味しかったです。いや、一歩外に出れば、御苑付近にももっと旨い店はたくさんありますし、あくまで立ち食いよりはマシという程度ですが。

まぁ、でも、味よりなりより、窓の外に広がる新緑を眺めながら冷房の効いた室内で休憩しつつ食べているというシチュエーションがすごくよかったです。窓際の席が確保できれば美味しい昼食にありつけます。
posted by VOT at 20:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ミルクスタンド溜屋 飯田橋店

SA340048.JPG暑いっつの。

あまりの暑さに耐えかねて、ラーメン食った後にソフトクリームを食いに直行してしまいました。

ミルクスタンド溜屋は、あまり正確な情報ではありませんが、北海道の某農場直営の牛乳その他屋さんですね。

出来合のソフトクリームミックスと違って、ものすごく牛乳っぽいソフトクリームが食べられます。甘みは控えめなので、よくあるソフトクリームの味を期待しているともの足りない可能性もありますが、私は好物。

ただ、約300円はちょっと高いかなぁ。
posted by VOT at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯田橋大勝軒

SA340047.JPGさて、夏アニメも一段落しましたので、通常営業を再開しましょうかね。

本日はちょっと事情があって飯田橋にいたので、まだ行ってなかった飯田橋大勝軒に行ってまいりました。

もりチャーシューを注文。

全体的な印象としては、比較的本家東池袋の味に近いかな? というところです。正直スープが甘すぎで私の好みではありませんでした。マズくはないんだけどね。

天然ダシにこだわっている? そのせいか、スープは甘みは強い割にはパンチがないというか、麺に絡まない感じで、どことなく物足りない。序盤はよかったんですが、最終的には麺をスープの中につっこんで、どんぶりの淵に口を付けてお茶漬けのようにスープと一緒にすすり混むぐらいで、ようやくちょうどいいバランスに感じるぐらい。スープ割をするまでもなく、全部飲んでしまいましたね。

青葉でいいのでは?
posted by VOT at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

深大寺 白金亭

深大寺に行ったら、そりゃ昼飯は蕎麦でしょう、というのが当たり前なんですが、今回はちょっと捻って前から噂だけは聞いていた白金亭に行ってまいりました。名店の呼び声高い湧水とすげぇ迷ったんだけど。

IMG_3632.jpg深大寺のほど近く、住宅街の真ん中にひょっこりとある合掌造りの見事な日本家屋。それもそのはず、世界遺産に登録されている白川郷から移築した築350年のド本物だそうです。なんじゃそりゃ。

俵型ハンバーグで有名な町田のシャーロックホームズがプロデュースしたということだったのでハンバーグ食う気満々だったのですが、店の前にあったメニューを見てみたら、コースで食べるのが基本みたい。

一人なんだけど、大丈夫かな? 受付で確認したところ、「ちょっとお待ちください」とどこかに確認に行ったあと、「ご案内しますので、こちらへどうぞ」と普通に3人がけのテーブルに通してくれました。

ポタリング中だったので、例によってTシャツにサンダルという格好でした。しかも予想外に靴を脱いで上がるハメになってしまったので、裸足でペタペタ歩くことに。うーん、ちょっと恥ずかしい。ハンバーグ食いに来るイメージだったから、もうちょっとラフなのを想定してたんですが。

通されたのは、4つほどのテーブルが並んだ部屋。黒を基調にした味のある木の空間、部屋の真ん中には囲炉裏も残されていてライトアップされてます。雰囲気だけでも私の好みにストライク。

メニューをよく見たら、単品(アラカルト)も用意されてましたが、一人でもOKとのことだったので、コースを注文しました。ランチBコース、3800円。

ちょっと高いかな、と思ったけど、内容を見たら全然でした。

ローストビーフなど、前菜の盛り合わせ。サービスで出てきたチーズのリゾット。天然酵母を使ったごまととうもろこし(?)のパン。スパイスの利いたクリーミーなスープ。赤身和牛のにぎり寿司。和風ソースのサラダ。半身を器にした伊勢エビのグラタン。3種類のステーキ肉をブレンドして作ったハンバーグ(焼き加減は目の前で調整してくれる)。一口大のデザートとフルーツの盛り合わせ。全部美味い! マジで!

IMG_3638.jpgIMG_3640.jpgIMG_3644.jpg

一つ一つの盛りはちょっと小さめですが、むしろ満腹になりすぎないようにする配慮でしょう。実際私は全部食べてちょうど満腹ぐらいでした。

都心で食ったら倍取られても不思議ではない、雰囲気とサービスも含めて、ランチコースのクオリティは半端じゃなかったです。

休日、たまには外食をしてちょっと贅沢なランチでも、というシチュエーションにピッタリですね。値段に納得できれば、老若男女が満足できる店だと思います。オススメ!
posted by VOT at 00:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ブラッスリー ラ フェット@池袋

SA340038.JPGトップページが夏アニメのレビューばかりになってしまったので、先週行ったレストランの感想でも差し込んでおきます(笑)

ラフェットは南池袋の方にある、フランス料理をカジュアルな雰囲気で手軽に食べられるレストラン。評判は聞いていたのですが、今回お初でランチでいただいてきました。

当日はTシャツにサンダルという格好だったんですが、問題なく店に入れてもらえたので、とりあえずドレスコードはなさそうです。

ランチは基本が 1050 円で、渡された紙に印刷されているメニューの中から、前菜一品とメインの一品に○をつけて渡すというわかりやすい注文方法。追加で料金が発生する一部の高級メニューやスープ・デザートもあり、(+230円)というような明朗会計になってます。

客層のほとんどが女性。ランチの場合、量はさすがに男性にはかなり少ないので、腹一杯になることは期待しない方がいいです。

そのかわり味はすごくいいです。値段が値段なので、凝ったレシピのメニューは少ないですが、その分シンプルなので日本人の口には合いやすいかと。

同じような系統の店としては、イタリア料理系ですが、ビックカメラの方にあるアビアントもオススメです。
posted by VOT at 17:23| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

福助@御徒町

SA340036.JPGしばらくアメ横をブラブラして、そろそろ整備も終わったかな〜というタイミングで店に戻る最中、甘いものが食べたくなったので、通り道にある福助に寄り道。

かき氷を食べようと思っていたのに、食券を買う瞬間に何故か心変わりして白玉クリームあんみつを注文。

実は、好き嫌いのほとんどない自分ですが、黒蜜は若干苦手なのです。どうも甘みがくどいような気がして。なので、普通黒蜜も使うだろうという、信玄餅やわらび餅でも、きな粉に砂糖が入っていて甘みがついていれば、黒蜜は使わないで食べます。

だったらあんみつなんか注文するなよって感じなのですが、逆に美味しいという評判のお店の物だったら、旨いと思って食べられるかもしれんというチャレンジ精神が沸いてしまったのでした。

アイスクリーム、白玉、小豆玉、寒天、フルーツのシロップ漬け? どれもすげぇ旨そう。

もしかしたら黒蜜なしでも美味しくいけるかな? と思って、寒天をチュルっと食べてみる。うーん、小豆やアイスクリームの甘みで食べられなくもないけど、さすがに若干味気ない。

カップで添えられた黒蜜をちょっとだけかけて食べてみました。

うん、いわゆる黒蜜の味だけど、甘さがひかえめで、極端にクドいコクもないのでなかなかイケる。ちょっとずつちょっとずつ黒蜜を追加しつつ食べて、カップ半分ぐらい使ったあたりで完食。

ふーむ、アレですな。黒蜜って旨いじゃん! ってほどの感動ではなかったですが、今まで食べた中では一番食べやすかったです。ただまぁ、なしで食べられるものなら、やっぱり無しの方がいいなぁ、という点は変わらず。そういうヤツは大人しくぜんざいとか食ってた方が良さそうですね。あんこがとにかく美味しいです。

自転車買って以来、御徒町に来る機会が増えているので、また機会があれば寄ると思います。夏は宇治金時かな、やっぱり。
posted by VOT at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

匠屋 御徒町店

SA340035.JPGほぼ週末専用の折り畳み自転車スピ8ちゃんの走行距離が300kmほどになり、購入からかれこれ一ヶ月ちょいほど経っているので、梅雨明け後本格的に走り回る前にと思って、販売店に初期点検に持っていきました。

週末は混み合っているので自転車を一端預けて、付近の店で飯を食ったりして時間潰し。

御徒町のラーメン横丁の前を通りかかると、なにやらポスターが貼ってあるのを発見。

「6/14 新店オープン!」

はぁ、そうですか。じゃあ、食ってみるか、というわけで、行ってまいりました。匠屋 御徒町店。本店は新小岩。なんとなく名前は聞いたことがあるような気はするけど、なんだったっけ、という程度の記憶。メニューを見ても、醤油も塩も味噌もなんかこだわってます的なことがかかれているので、どれを選んでいいものやら。

まぁ、いいや。とりあえず一番上に書いてある醤油。

えー、味の方はですね、旨かったんですけど、最近のラーメンと違ってインパクトは薄め。極端な言い方をすると、スーパーで売っている生ラーメンをどんどん改良して旨くしていくと、こんな感じの味に到達することもあるかもな、という感じでした。旨いんですが、あまりにも直球過ぎて、普通という評価をされる可能性がとても高そう。一周回ってマニアックなラーメンですね。
posted by VOT at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

さぬきや@高円寺

SA340034.jpg夜に例によって高円寺あたりをポタポタしていると、さぬきやが開いているのを発見。やや、久しぶり。改装前は午前3〜4時ぐらいまで深夜営業をしていたので、残業の仕事帰りとか結構頻繁に寄っていたんですが、改装後の営業時間がイマイチ把握できないまま、かれこれ一年は経ったでしょうか。調べりゃすぐわかったんだけど、忘れてたんだよね。

久しぶりなので、注文は当然、ごまだれうどん。ここのごまだれは、しゃぶしゃぶで使うようなトゲのあるものではなくて、ココナッツミルクのような柔らかな甘みの真っ白なタレで、これとふんわりとしつつコシもある上質なうどんとの相性は最高。冷たいうどんが汗をかいて乾いた喉をスルッと抜けていく快感ったら無いね、マジで。

今の営業時間は23時までだそうで。また行くよー。天もりを食いに。
posted by VOT at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

オイスターバー ジャックポット新宿

SA340031.JPGそういえば、行こうと思っていってなかった店がまだあったわ、ということを思い出して、オイスターバーのジャックポット新宿にランチを食いに行ってきました。まぁ、店の評価するなら、夜行ってスタンダードメニューを食べないとダメですけどね。とりあえずランチのお話。

店内に入ると、うわ、自分が一番乗り。その後も10分ほど貸し切り状態。何故こんなに空いてるの?

サラダ、パスタ(またはフォッカチャ)、デザート、ドリンクで980円のセット。全体的になんか業務用っていうか、できものの味がするな〜という気はしましたが、量は男性にも十分なぐらいありますし、そこいらのドトールもどきが出してるパスタと比べれば値段は変わらないけど美味しいです。コストパフォーマンスはものすごく良いと思う。

店内もこじゃれてて綺麗です。もっと近所のOLとかで混み合ってもいいような気がするんですが‥‥立地が悪いのかな。この辺りはオジさん大目で、どっちかっていえばカツ丼にざるそばみたいなものを食べてる方が落ち着く人種なので、下北恵比寿と同じようにはいかないかもね。

でもなぁ、職場の女ども、近所のコンビニで買ってきた弁当ばっかり食ってるんだけど、そんなに500円も600円も払って食後に缶コーヒーなんか飲んでるんだったら、こういう店行った方がよくない? 聞くと面倒くさいとか言いやがんだけどさ。
posted by VOT at 13:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ひるがお 新宿御苑店 #2

SA340028.JPGつけめんを食べたことが無かったので、確認しに行ってきました。

炙りチャシュー極太塩つけめん(大)。このフィットチーネを思わせる極太つけ麺は、確かせたが屋では食べたことがあったはず。

スープは一見普通ですが、大きなブロック状に切られたチャーシューがぎっしりと詰まってます。多すぎて、最初麺を付けるのにチャーシューをどける必要があったぐらい。

麺が太いのでツルツルと行くよりは、ズズッと吸い込んでワシワシと咀嚼する感じ。‥‥‥あ、美味い。

もちろんスープはラーメンより濃いめに調味してあるのですが、ラーメンだとちょっと風味過剰かと思われたものが、極太平打ち麺という主張の強い麺と合わさるととても良い塩梅。なるほど、これなら私も納得。

最後にスープ割りをしてもらって単独で飲んだスープは、やっぱりいろいろ入りすぎで旨味が濃すぎる印象でした。ラーメンって難しいね。


さて、次は新宿御苑店オリジナルの醤油ラーメン食わないとね。
posted by VOT at 19:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

もうやんカレー利瓶具(りびんぐ)@西新宿

SA340027.JPG急にカレーが食いたくなったので、晩飯に前から行こうと思っていた もうやんカレー利瓶具に行ってみました。

都庁前を越えて、中野坂上の手前。付近に住んでるか働いてる人でもないと絶対に通りかからないような場所ですが、この辺は意外と美味しい店がポッコリとある不思議スポット。

初めてなので一番シンプルそうなポークカレーを注文してみました。

サービスでじゃがいも・ルイボスティー・コーヒー・薬味(らっきょとか?)がセルフで食べ飲み放題だそうで、喜んでジャガイモを食べようとしたら、持って帰ってくるころにカレーが到着。はやっ、と思いましたが、よく考えたらカレーをご飯にかけるだけだから、そりゃ早いわ。仕方ないのでジャガイモはカレーと一緒に食べることに。それはそれでいい。

シチューや角煮に使うような豚バラの固まりがゴロゴロと3つ入っていて、あとはルーです、という見た目はシンプルなカレー。野菜なんかの姿はまったく見えません。

とりあえず一口・・・うんまいな、これは。すげぇ。

野菜は完全に煮込まれて姿を無くしているだけで、しっかりルーの中に潜んでいます。口に入れると、最初野菜らしい甘みが来て、その後から脂の甘みとスパイスの辛さがジワッと来て、それが去るとフルーツ由来の酸味が口の中に残り、次の一口を誘い入れるという、正のスパイラル。酸味のあるカレーは苦手な人もいるかと思いますが、私的にはドンピシャでした。

豚肉は煮込まれに煮込まれて、スプーンでも簡単にちぎれるほど柔らかい。ちょっと口が飽きてきたら、じゃがいもにルーをちょっとつけて、口の中をリセット。

夢中になって食っているうちに、380g(普通盛り)をペロリと平らげてしまいました。

接客の雰囲気も事務的でもなく、必要以上になれなれしくもない、非常に居心地のいい感じでした。これは、いいねー。高円寺あたりに支店出してくれないかな。

5辛で全然平気だったので、次は10辛を食べよう。また行くぞ!
posted by VOT at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひるがお 新宿御苑店

SA340026.JPG昼休みはあまり時間もなくいい加減会社の近所で新しい発見も期待できなくなってきているので、普段は知ってる店で適当に済ませてしまうことが多いのですが、今日はなんとなく今まで行ったことの無い店に行きたくなって、新宿御苑辺りをブラブラしていました。最悪近所のパン屋でなんか買って流し込めばいいやと思いつつ。

しかし、行ったことの無い店自体は山ほどありますがどうも食指が動かず、残念ながらこれといっためぼしい発見もないので、知ってる店ですますかと方針転換するも、かつ清を覗いて行列の長さにうんざり。青葉はほとんど並ばずに入れそうだけど、どうも気分じゃない。

弱った、なんか知らない店はないかな〜と思いつつ、普段通らない裏手の路地に入り込んでみると、いきなり目の前に雰囲気のあるラーメン屋が出てきました。うそん。御苑に今更自分の知らないラーメン屋があるか?

しかもよく見ると店名が「ひるがお」。壁に書いてある素材へのこだわりみたいなんを読んでみと、どこにも書いてありませんが、どう考えてもせたが屋のひるがお。入って食べてみて確信。ひるがおじゃん。

食後に調べてわかったんですが、どうやら半年前にオープンしてたみたいですね。あー、リアルタイムの情報に目を通してないしなぁ。残業も減ってたので新宿での食事の機会も減ってたし。そりゃ知らないわ。


味の方は、鳥がらベースで魚貝類の風味が強く、塩ラーメンにしてはなかなか濃厚です。タレもちょっとしょっぱめ。個人的には塩ラーメンはもっと淡泊でいいと思うんですが、それだと今のラーメンの流れには乗れないか。歯ごたえのある固めのストレート麺との相性は大変結構。うまいですね。若干量が少ないので、男性は大盛りにした方がよいかと思います。

しかし、新宿御苑のラーメン屋、レベルの高さが異常なんですけど。なんで激戦区と呼ばれないんだろうな。池袋なんかよりよっぽど。

ちなみに、夜でもひるがおだそうです。スープ切れ終了。行くなら夕方まで。
posted by VOT at 13:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

新高揚@新宿

SA340025.JPG晩飯は何にしようかな〜、これと言って食いたいものもないな〜、でも腹が減ったな〜、と思いつつ歩いていると、もう新宿南口の都営大江戸線新宿駅付近まで来てしまったので、手近なところで最近行ってなかった新高揚に行くことに。ここはラーメン不毛の地である新宿南口付近でほとんど唯一まともなラーメンが食える店です。次点で山頭火

手打ち麺がセールスポイントなので、メニューでもつけ麺が推されている感じがありますが、私的にはラーメンをオススメします。つけ麺は麺の量に対してスープが少な目で、しかも脂の少ない超あっさりスープなので保温力がありません。その結果、たいがい麺の半分ぐらい食べたあたりでスープがすっかり冷え切ってしまうからです。脂が少ないので冷え切った後でも食べられますけどね、そういう食べ物だと思えば。

ホント、あっさり系なので、最近のラーメンに口が慣れきってると、もの足りなく感じるかもしれません。でも、これはこういう味の食べ物なんでねぇ。好き嫌いはあって仕方ないけど、それを店のレベルの違いみたいに語るのはどうかなぁ。(誰に言ってるの?)
posted by VOT at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

だんちょうてー@市川市南八幡

SA340024.JPGたまには車も使ってやらんと、と意味もなく走っているうちに走りすぎて江戸川区まで来てしまったので、その勢いで市川まで行ってラーメン食ってきました。「今来た道を引き返すのが気に食わない」と性分なので、この手の行動パターンがやたら多いです、私。

だんちょうてー。いちおう魚系? うまく説明できませんが、池袋の生粋から秋刀魚独特の風味を退いたような感じ、で分かる人にだけでも分かってもらえば。

チャーシューに自信がありそうだったのでチャーシュー麺を注文しました。チャーシューは提供前に七輪の炭火でたっぷり炙られます。焦げ目が付く程度なのかな、と見ていると、まだ炙るの? まだ? といううちに、おそらく溶け落ちた脂が焼ける煙がモクモクモクモク。出てきたチャーシューは、これは薫製と言ってしまってもいいのでは? というぐらいの香ばしさ。苦手な人にとっては、単に焦げ臭いだけかも。私は嫌いではないですが、ここまでしなくてもいいんじゃないかな、とは思う。

薄口でこれなら濃口はどんなの? って感じの濃厚さでしたが、お店的には濃口が売れ筋だとか。それはアレでしょ。みんな酒飲んでから来てる人ばっかりだから、味が濃いのが売れてるだけなのでは?

正気の人は薄口から入った方がいいのではないかと推測します。機会があったら濃口食ってから考えよう。

あ、ちなみに旨かったです。俺はなんでもかんでも旨いと言ってる節がありますが、特に書くまでもないような普通さやマズさだったときは、記事すら上げてないだけなので、気のせいです。ま、確かに好き嫌いはないんだけど。
posted by VOT at 15:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大勝軒@富士見台

SA340023.JPG今にも泣きそうな空模様を見上げつつ、こりゃ今日はお出かけは無理だな、ということで、自転車の点検がてら比較的近くの店に昼飯を食いにいこう、と先日目の前を通って発見していた富士見台の大勝軒へ。

しかし、つくづく、大勝軒増殖しすぎ。

タイミングを間違えてちょうど 12 時ぐらいに到着してしまいましたが、思ったほどの行列でもなく、10分ほど待って店内へ。私以降はこれといって行列もできてませんでしたので、よりによって一番待つタイミングで行ってしまった感じ。まぁ、別にいいけど。

味はといいますと、スープは若干甘味の強めな、いかにも大勝軒という感じ。麺は自家製麺で結構いい評判を聞いていたわりには、私のところにきたのはどうも若干ボソボソした粉っぽい感触が残る、なんだか失敗作なのでは? という感じのものでした。ゆで時間の問題ではないと思うんだけど。

総合的に言うと、まぁ、大勝軒を名乗るのであれば、これぐらいのものは出してください、という感じでした。美味いほうだと思います。周りのお客さんから漏れ聞こえてくる会話から判断すると、あまりラーメンに詳しくない人が多そうで、ここの味を大勝軒の味だと思う人が多いでしょうけど、そんなに問題もないかな、というところです。本店の名声にぶら下がって、ひどいものを出すところも少なくないですしねぇ。
posted by VOT at 13:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

めんくい@光が丘

SA340022.JPG夕方、買い物のついでに、めんくいに行ってみました。

背脂多めの古き良き東京とんこつラーメンの傍流。ちょっと醤油のタレが強くて、スープが茶色がかっているのが特徴。若干の香ばしさはタレから来ているんでしょうが、脂を焦がしているのかな?

味付けは濃いですが、脂のくどさはないので、よほど苦手な人でなければまず美味しいと思う味なのではないかと思います。個人的には、もうちょっと麺の主張が強い方がいいと思うんですが、好みの問題ですかね。
posted by VOT at 11:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の途中@高円寺

SA340021.JPG旅の途中は高円寺南口ルック商店街からちょっとはずれた住宅街の中にあるカウンターのみ6席程度小さなラーメン屋さん。ラーメン好きの店主さんが一人で切り盛りしてます。

脂の甘みに頼らない、アッサリ系魚だしの醤油ラーメン。これ以上風味を出したらトゲが出るギリギリのラインのスープは極上品。

今日は初めてつけ麺を注文してみましたが、ラーメンとは違う平太の縮れ麺で、ちょっとクニュクニュする食感が素敵でした。どっちかというとラーメンの方がオススメですが、これからの季節はつけ麺もありかな?

最近のラーメンの味はクドいと思っている人は一度いってみるといいよ。

posted by VOT at 10:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

中華そば 戎(えびす)@高島平

SA340020.JPG和歌山ラーメンブームも今は遠くなりにけり。一時期タケノコのように乱立したチェーン店も徐々に目に付かなくなりつつあり、残ったのはのりやか、このか。

和歌山ラーメン自体、ものすごく好き嫌いの分かれる食べ物だと思うんですけど、なんであんなブームになったんですかね。まぁ、当時はまだ「和歌山」といった地名のついた「ご当地ラーメン」が珍しかったから、持ち上げられすぎたのかな。マスコミもちょっとあおってたし。

食べたあと唇がベタつくほどのゼラチン質や、ちょっと独特の香りがする醤油ダレなど、好きな人にはたまらないという意味で、選ばれた人間の食べ物ですね。ちなみに私は好物です。

最近のりやの方があまりいい話を聞かないので、もしかしたら都内の和歌山ラーメン最後の砦ですか? 付近住民でないと絶対用なんかない場所ですが、営業時間が比較的深いので、足がある方は一度行ってみてもよろしいかと思います。ラーメンの食い歩きなら、欣家とのはしごですかね。
posted by VOT at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

上海料理 京華飯店@大森

SA340016.jpgたいした理由はないんですが、久しぶりに車で無意味に走り回っていると、いつのまにか大森にいたので、携帯でちょっと調べて評判の良さそうだった京華飯店という店に行ってみました。

考えるのが面倒だったので、4200円のコースを注文しました。内容はエビチリやバラ肉煮込みなど、日本人にとても馴染みのある料理ばかりで安心して食べられます。どのメニューも非常に良くできてまして、これをマズいという人はあんまりいないんじゃないですかね。ちょっと肩肘張って本格中華を食いたいなら個別に注文すればいいと思いますが、多分あまりそういう店ではないような気がします。

あー、でもチャーハンはちょっとベタついてて、周りのメニューより一段低かったですね。あれだけできるなら、チャーハンももっとおいしくできそうな気がするんですが。

駐車場もあるみたいなので、あっち方面に行って店に困ったらまた行く機会もあるかなぁ。
posted by VOT at 23:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

TOKYO NOODLE 六坊@高田馬場

SA340014.JPG異様な疲労感に襲われた会社帰り、気づいたら高田馬場にいたので、どこか適当なところで飯を食っていこうと思ったら、目の前に入った覚えのないラーメン屋があったのでとりあえず飛び込んでみたところ、入った瞬間渡辺樹庵氏プロデュースと分かる内装で、店名を良くみたら名前だけは知ってるお店でありました。

うーん、渡辺樹庵氏プロデュースのお店って、素材はいろいろ違うのに、なんで似たような味になるんでしょう。世間の評価と違い、実は私はあんまり好きじゃないです。基本濃すぎ。

気がすすまないのでパスです、はい。
posted by VOT at 20:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。