2006年10月17日

俺的2006年度秋アニメ総合ランキング

はい、とりあえず終わりました。秋の新番を自分なりに並べたら、こんな感じですかねぇ。

うーん、今回は「これだ!」ってのも、ゲラゲラ笑えるほどひどいのもないという、実に小粒な出だしでしたね。ただ、平均的なレベルはものすごく上がってるように感じました。これが続いていれば、近いうちにスマッシュヒットが出る可能性も高いと思います。

原作付きアニメのネタがいよいよ本格的に尽きてきた感があり、必然的にオリジナル要素を含む作品が増えて、アニメのスタッフの力量の差が出やすい環境になってきてるのかもしれません。

オープニングに今まではあまり光が当たっていなかった、シリーズ構成・脚本や色彩設定といったスタッフがクレジットされている作品が徐々に増えているように思います。クリエイターが力を発揮できて評価される業界になれば、また昔のように才能が集まってくることもあり得るので、期待したいですね。反面、集まってこなかったら業界ごと沈没ですけどね。

いい加減、他人の作品を偉そうに弄ってるだけじゃダメだなぁ。


1 すもももももも 〜地上最強のヨメ〜 テレ朝 10/5 26:40〜27:10
2 くじびきアンバランス tvk 10/7 26:30〜27:00
3 Pumpkin Scissors テレ玉 10/2 26:00〜26:30
4 働きマン フジ 10/12 24:45〜25:15
5 ヤマトナデシコ七変化 テレ東 10/3 25:30〜26:00
6 ゴーストハント テレ東 10/3 25:00〜25:30
7 夜明け前より瑠璃色な Crescent Love テレ玉 10/6 25:30〜26:00
8 009-1 TBS 10/5 25:25〜25:55
9 銀河鉄道物語〜永遠への分岐点〜 TBS 10/6 26:25〜26:55
10 乙女はお姉さまに恋してる tvk 10/7 24:30〜25:00
11 はぴねす! tvk 10/5 26:15〜26:45
12 D.Gray-man テレ東 10/3 18:00〜18:30
13 武装錬金 テレ東 10/4 25:00〜25:30
14 DEATH NOTE 日テレ 10/3 24:56〜25:26
15 結界師 テレ朝 10/16 19:00〜19:30
16 地獄少女 二籠 MX 10/7 22:00〜22:30
17 ときめきメモリアル Only Love テレ東 10/2 25:30〜26:00
18 RED GARDEN テレ朝 10/3 26:40〜27:10
19 家庭教師ヒットマン REBORN! テレ東 10/7 10:30〜11:00
20 あさっての方向。 TBS 10/5 25:55〜26:25
21 ギャラクシーエンジェる〜ん テレ東 10/1 26:00〜26:30
22 少年陰陽師 テレ玉 10/4 26:00〜26:30
23 史上最強の弟子ケンイチ テレ東 10/7 24:55〜25:25
24 Bartender フジ 10/14 26:25〜26:55
25 コードギアス 反逆のルルーシュ TBS 10/6 25:55〜26:25
26 ネギま!? テレ東 10/4 17:30〜18:00
27 天保異聞 妖奇士 TBS 10/7 18:00〜18:30
28 スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウオーズ- テレ東 10/4 25:30〜26:00
29 流星のロックマン(「おはコロシアム」内) テレ東 10/7 8:30〜9:00
30 金色のコルダ〜primo passo〜 テレ東 10/1 25:00〜25:30
31 ぷるるんっ!しずくちゃん テレ東 10/7 9:30〜10:00
32 Gift 〜eternal rainbow〜 MX 10/5 27:00〜27:30
33 マージナルプリンス-月桂樹の王子達- MX 10/4 26:00〜26:30
34 銀色のオリンシス テレ玉 10/5 25:30〜26:00
35 蒼天の拳 テレ朝 10/4 26:40〜27:10
36 らぶドル〜Lovely Idol〜 テレ玉 10/2 25:30〜26:00
37 ポケットモンスター ダイヤモンド&パール テレ東 9/28 19:00〜19:30
選外 BLACK LAGOON The Second Barrage テレ玉 10/7 26:00〜26:30
見逃 ハピ☆ラキ!ビックリマン テレ朝 10/15
見逃 BLACK BLOOD BROTHERS U局 - - -
posted by VOT at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

結界師

公式サイト


原作は少年サンデー連載中。未読です。妖怪を封じて退治する結界の能力を持つ主人公たちのお話。

貴重なゴールデンの作品だけあって、やる気みたいなんのは伝わってきました。犬夜叉からの流れでまた avex かと思ったら GIZA でしたね。作画はパッと見地味でしたが安定感がありました。

ただ、第一話分の30分を使って結界とはなんぞやという点は放置して、主人公の少年と少女のキャラクターに焦点を当て続けたのは好感触だったんですが、1分ぐらいでいいので結界師のすごさが伝わる描写を入れて欲しかったです。

妖怪の強さもピンと来ないので、それに対する結界師のスゴさも今ひとつ伝わらず、その為ピンチの時のあんまり気持ちが盛り上がりません。原作がどうなのか知りませんが、演出の問題のような気がします。

見続けてると面白くなりそうですが、俺はまぁ、いいかな。
posted by VOT at 10:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

流星のロックマン

公式サイト


ロックマンシリーズの最新作ですね。アニメももう何作目なんでしょう。

ゲームのイメージが強いんですが、アニメはアニメで少年好きのアニメファンを中心に底堅い人気があるようですね。よく知りませんが。

いや、なんか第一話だと話が何も始まってないので、感想もなにもなくて。キャラ紹介すらしてないもんな。小学生のころだったら一所懸命見てたような気はします。

まぁ、うん、面白いとかつまらないとか、そういう対象ではないですね、やっぱり。
posted by VOT at 10:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地獄少女 二籠

公式サイト


Webで依頼すると代わりに復讐をしてくれる少女の話ですね。まとめすぎ。

要するに、ものすごくイライラして腹の立つキャラが出てきて、そいつが最後に妖怪にメチャメチャされるのを見てカタルシスを感じるというのが基本的な内容です。なんか依頼者も一緒に地獄に堕ちるらしいので、今ひとつスッキリしないのも狙いでしょう。漫画どころか、実は前期シリーズもたまたま見逃して、まったく見てないんですけどね。

絵も綺麗ですし、キャラクターもいいです。ファンはつくでしょうね。自分はあんまり食指が動かないんですが。一話しか見てないのでいつもこういうものなのかはよく分からないんですが、「地獄への堕とし方」のシーンを化け物が出てきてバキバキでキャーッてんじゃなくて、もっと陰湿な描写をネチネチやってくれてれば楽しかったと思うんですが。昔の怪奇漫画と比べると情念が薄いように感じて、どうも煮え切らないのが気になりました。
posted by VOT at 09:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

Bartender

barten.JPG公式サイト

スーパージャンプ連載中の漫画原作。未読なんですが、要するにいろいろな人生の問題を抱えた人がバーテンの作った酒を飲んで開眼する漫画でしょう、多分。

自分のキャラに合わない話で申し訳ないんですが、私はバー好きです。ただ酒に極端に弱いので、最悪次の日が潰れることも覚悟してスケジュールを調整してからでないと行けないんですが、逆に言えばそれだけしても行きたいこともあるほど好き。

個人的にものすごく気になるのが、オープニングに数秒だけ出てくる主人公がシェイカーを振ってる動画。「神の一杯」とやらを作るバーテンダーにしては、お粗末すぎるでしょう、これ。リピートで書くなよ、ここを。

この手のアニメでバーテンダーが凄腕に見えなかったら何もかも台無しでしょう。オープニングなら枚数にも余裕があるだろうし、ちゃんと一流のバーテンダーの動きを参考にして原画描いて欲しかったです。オープニングでこれを見てしまった時点で完全に興ざめしてました、私。

内容に関しては「想像以上に地味」とか「3Dの部分しか動いてない」とか以外は別に良いとも悪いとも思わない程度のものです。これは何がしたいんでしょうねぇ。
posted by VOT at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

働きマン

PDVD_010.JPG公式サイト


ご存じ安野モヨコのモーニング連載中作品が原作。編集者として女性としてジレンマを抱えながらも日々働き倒す主人公を描く。

安野さんはすごいね。諸手挙げて感服してます。安野さんの魅力はなんといってもまずその絵柄。それに独自の鋭さと温かさを持った切り口が伴うわけですから、そりゃ無敵ですわな。

題材としては非常にありふれたものなので、ヘタな演出を伴って実写ドラマにしたりするとメチャクチャに安っぽいものになってしまったでしょうが、原作のイメージを可能な限り引き継げるアニメとして映像化されたのは素晴らしいことだと思います。同じ材料を使ったって、できあがる料理には天と地の差が出る好例ですね。

原作者のすごさに圧倒されてしまうので、俺にとっては忘れがちなのですが、原作のいいところを損なうことなく映像化しきったスタッフもグッジョブです。声優の田中理恵さんの好演も光ってますね。

このアニメ(と原作)を「働く女性への応援歌」とか「前時代的なワーカホリックの推奨」としか見られない人はヤバいですよ。それに共感する人も反発する人も。作者は「たまたまそういう生き方を選んだ人」を描いているにすぎないのにね。

アニメファン向きではないという理由でちょっとだけランキングを下げましたが、ようやくnoitaminAの枠が望んでいたものが出てきたように思いました。でも、次ののだめがものすごく不安です(笑)
posted by VOT at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

コードギアス 反逆のルルーシュ

PDVD_011.JPG公式サイト


それぞれに信じた方法で超大国に支配された日本を救う為に闘うレジスタンスを扱ったロボットアニメのようです。今回最も評価に困ったアニメ。何故かというと基本的に面白くなかったんですが、一部の人はものすごく好きそうだから。

なので第一話の感想だけ書いておきます。「なんだこりゃ」って感じでした。ただ、今後面白くなる可能性は否定しません。

広げた風呂敷はちゃんと畳めよ。わしゃ観ないけど。
posted by VOT at 12:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀河鉄道物語〜永遠への分岐点〜

gintetu.JPG公式サイト


レトロフューチャーな銀河鉄道の世界を舞台。999のように不思議な世界を冒険するのではなく、銀河鉄道で日々発生する事件や事故を解決する保安部隊のような部署で頑張る主人公の話のようです。

全体的に流れるヤマト臭さがなんかうれしくなりますね。特に第一話のオチは、それってそういうもんなの? というご都合主義全回の科学考証が素敵でした。アニメってのは、こういう感じでいいんだよな、本当は。

観客が熱血できるエピソードを連発できれば名作です。さて、どこまでやれるか。
posted by VOT at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

家庭教師ヒットマン REBORN!

reborn.JPG公式サイト


週刊少年ジャンプ連載中の漫画のアニメ化。人間の「死ぬ気」を引き出すことのできる能力を持つヒットマン・リボーンに教育されて成長していく主人公。原作はまったく読んでませんが、ギャグから始まって、結局バトル漫画になだれ込んでいくパターンの設定ですね、これ。

第一話に関してはコロコロに乗ってても違和感のない正当派の少年漫画って感じでした。主人公がいちいちパンツ一丁になるところとか、寒いとか言う前になま暖かい目で見ちゃいますね。

特別つまらないとは思いませんが、面白くもなかったです。見所はリボーンの声ぐらいですねー。別に他の声優さんでもできそうなのに、すごいの連れてきたなぁ。
posted by VOT at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あさっての方向。

asatte.JPG公式サイト

ストーリーは一応ネタバレレベルの話なので伏せます。

第一話のラストで「なんで?」っつーオチがあるんですが、これをAパートの最後に持ってくるぐらいのテンポで良かったのでは? そこに至るまでが退屈です。そういう地味な意図の演出なんでしょうが、プラスαの魅力がなかったので、ただ地味なだけでした。正直この手の雰囲気は、過去の名作邦画には絶対に適わないですよ。

雰囲気が好きなら見られるでしょうが、私にはつらいですね。

posted by VOT at 23:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はぴねす!

hapiness.JPG公式サイト


魔法科と普通科のある学園が舞台で、事故をきっかけに一学期の間魔法科の生徒が普通科と一緒に学園生活を送ることになります、というお話。美少女ゲーム原作ですね。

まぁ、主人公とヒロインが子供のころに因縁がありそうとか、この手のアニメでは非常にオーソドックスな内容です。その範囲ではよくできてる方だと思います。少なくとも飽きずに最後まで見られました。

好きな人は見ればいいんじゃないですかね。


ところで、もう感想書きたいアニメもなくなっちゃったので、どんどんエントリーが投げやりになって来てますが、とりあえず最後まで書きますのでもう少しおつきあいください。
posted by VOT at 23:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀色のオリンシス

PDVD_003.JPG公式サイト

今更、謎のロボットとそれに関係がありそうな不思議少女と少年の出会いって、やってて恥ずかしくないですか?

私には面白いと思える要素ゼロです。どこが悪いとか、言ってる場合ですらないですね。訴求対象でないんでしょう、きっと。
posted by VOT at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

009-1

009-1.JPG公式サイト


東西冷戦が続くパラレル世界で特殊能力を持った女性サイボーグスパイが活躍するアクションアニメ。

原作の漫画自体がもう40年ぐらい前のそんなにメジャーではない漫画ですからして、全体に流れるインチキくささが溜まりません。結局これが気に入るかどうかは、それが好きか否かにかかってるでしょう。この際チャーリーズエンジェルのことは全て忘れます。

面白かったんですが、第一話からアクションに時間を割きすぎですね。今後どういう展開になっていくのかという点を臭わせる要素が少なすぎると思います。もっと露骨なヒキを入れてもらえると、こっちも乗って見られるんですが。

タレントを起用した声優陣もなかなか新鮮でよかったです。

posted by VOT at 23:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天保異聞 妖奇士

ayashi.JPG公式サイト


江戸時代を舞台にした妖怪退治もの。要するに手からビームを出したりする奴らが出てきて化け物といろいろやり合うらしいです。

20年ぐらい前のOVAでこの手のアニメを散々見たような気がします。そこから何か目新しいものが加わってるかというと、デジタル技術による特殊効果が増えて画面が派手になったぐらい。

絵や雰囲気作りは頑張ってると思いますが、肝心の視聴者を引きつける努力が全然足りないように思います。感情移入できるポイントが無さ過ぎて、全て他人事として目の前を通り過ぎていくだけ。この作品の魅力・セールスポイントは何ですか?
posted by VOT at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BLACK LAGOON The Second Barrage

エピソードのカウントが第13話。オープニング・エンディングも間違い探しレベルの変更しかなく、第一話要素がまったくと言っていいほどなかったので対象から除外することにしました。

面白かったですけどね。
posted by VOT at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乙女はお姉さまに恋してる

PDVD_000.JPG公式サイト


エロゲ原作。祖父の遺言で女として女学院で暮らさなければならなくなった主人公のお話。

ちょい前にゲームからの声優交代劇で一悶着合ったアニメですね。あんだけ騒いどいて、デキはこれかよ! と言うつもりで見てたんですが、予想より遙かにいいできでした。この誉め言葉ばっかりで恐縮ですが、キャラクターがかわいく描けてました。絵的にも話的にも。なんか肩すかしくらった気分です(笑)

ただまぁ、やっぱり話に展開もオチもないのが気になります。もしかしたら、美少女アニメってのはこういうもんだっていう、変な思いこみが蔓延してる? 実際その考えも無しとは言いづらいんだけど、だとしたら私が求めてるものとは違うなぁ。別にキャラクターが人生や世界を憂いて泣き叫べって言ってるんじゃなくて、ちょっとした4コマ漫画程度の起伏を求めてるだけなんだけど。

まぁ、絵が好きなら楽しんで見られるのではないでしょうか。

posted by VOT at 22:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

史上最強の弟子ケンイチ

kenichi.JPG 公式サイト


週刊少年サンデー連載中の漫画のアニメ化。才能はまったくないが努力だけはする少年ケンイチが、格闘技の達人たちの手ほどきを受けて強くなってく漫画です。

原作は格闘技漫画なのに20巻に至るまで大会とかトーナメントが出てこなかったという、ジャンプだったらあり得ないストイックさに好感を持ってました。絵も最近の少年漫画っぽくない劇画っぽい個性がありましたし。

でも、このアニメはいただけないですね・・キャラクターを登場させるために、原作とは違っていきなり梁山泊に行ってましたが、なんつーか、詰め込みすぎなせいか展開にメリハリがなく、30分かけてあらすじというか、映画の予告編をずっと見せられているような感じで、すごく退屈でした。これでは無駄に豪華な声優陣も寒々しいだけですわ。

普通に美羽がやくざものを叩きのめすところをクライマックスにして、正義感の強いケンイチのキャラクターを掘り下げた方がよかったんじゃないかなぁ。
posted by VOT at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜明け前より瑠璃色な Crescent Love

PDVD_004.JPG 公式サイト


世界観がよくわからないんですが、月にある王国の姫様が地球の一般人宅にホームステイに来る話らしいです。美少女ゲーム(エロげーかな)が原作らしいです。

この手の美少女ゲーム原作アニメ(の第一話)の中では、キャラクターが生き生きと動いてて存在感があり、非常に楽しめました。できればもっと起承転結のあるプロットで構成して欲しかったです。クライマックスもオチもないのが惜しすぎます。なんでこの手のアニメの脚本はこうなのかなぁ。

面白いと思ったこと自体が珍しかったので、高評価してみました。
posted by VOT at 19:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぷるるんっ!しずくちゃん

shizuku.JPG公式サイト


雨だか水だかの妖精「しずくちゃん」を主人公にした子供向けアニメですね。

かわいいキャラクターがかわいいことをやってると子供向けっていう発想がねぇ。昔のタツノコアニメがそんなことをやってましたか? って感じなんですけど。

内容については私らが見てどうこういうこと自体が間違ってるので、制作が何を考えているのかということばかりずっと考えてました。
posted by VOT at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くじびきアンバランス

kujian.JPG公式サイト


アフタヌーンで連載していたオタクの青春を描く漫画「げんしけん」内に登場した架空の漫画。過去に一度特別編としてOVA化されていたものをちゃんとしたTVシリーズとして大幅な設定の変更を伴って再アニメ化したものです。

大事なことの多くをくじ引きで解決する学園を舞台として個性的なキャラクターたちがドタバタを繰り広げるラブコメ風ギャグアニメという認識。

もともとが架空の作品であったことを言い訳にして、極度のベタさと奇抜さを何のためらいもなく共存させた結果、ありそうでなかった絶妙のバランスのアニメに仕上がりました、という感じでした。

もともとのキャラはかなり美少女アニメよりのポップなものだったところから、色合いのちょっと地味なデザインに変更になったため、前からくじアンに興味があった人たちにはちょっと受け入れられづらいかもしれませんが、その辺を忘れてしまえば、とても楽しめるものだと思います。

しかし、何もネギま!とぶつけなくてもいいのにね。
posted by VOT at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年度秋アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。